Aimer

Aimer(エメ)『花の唄』歌詞【意味&魅力】|映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.』主題歌

Aimer(エメ)『花の唄』歌詞【意味&魅力】|映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.』主題歌

Aimer(エメ)『花の唄』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

13thトリプル面シングル『ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.』の2曲目に収録された楽曲です。

アニメ映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower』の主題歌としても起用されました。

この曲は、Fateシリーズに登場するヒロインの1人でもある間桐桜さんの心情を歌った曲。

女性目線の、純粋で真っ直ぐすぎるほどの生々しい感情が表現されています

 

Aimerの公式Twitterに投稿されたツイートから。

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『花の唄』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

Aimer『花の唄』歌詞

楽曲情報

歌手:Aimer
作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記
収録:13thシングル『ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.』
発売日:2017年10月11日(水)

その日々は夢のように
臆病な微笑みと
やさしい爪を
残して行った

 

退屈な花びらのように
くるしみを忘れて
貴方の背中でそっと
泣いて笑った

 

帰らぬ日々を思うような
奇妙な愛しさに満ちた
箱庭の中で
息をひそめ

 

季節が行くことを忘れ
静かな水底のような
時間にいた

 

冷たい花びら
夜に散り咲く
まるで白い雪のようだね
切なく
貴方の上に降った
かなしみを全て
払いのけて上げたいだけ

 

貴方のこと傷つけるもの全て
私はきっと許すことは出来ない
優しい日々
涙が出るほど
帰りたい
貴方と二人で
見上げた
花びらが散った

 

月が雲に隠れて
貴方は道を失くして
泣き出しそうな
目をしてた

 

ぎざぎざなこころだって
ふたつ合わせてみれば
優しいものがきっと
生まれてくるわ

 

私を傷つけるものを
貴方は許さないでくれた
それだけでいいの

 

戯れに伸ばされた
貴方の手にしがみ付いた
諦めていた世界に
やがて温かな灯がともる

 

冷たい花びら
夜を切り裂く
私が摘んだ光をみんな束ねて
貴方の上に全部
よろこびのように
撒き散らしてあげたいだけ

 

わるいことをしたらきっと貴方が
怒ってくれると約束したよね
だからきっともう一度
私を見つけてくれるよね
寂しいところに
もういなくていいね
一人で
見上げた
花びらが散った

 

『花の唄』歌詞の意味&魅力

この曲『花の唄』は、映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower』の為に制作された、アニメのストーリーに寄り添った一曲になります

ここで描かれるヒロインの間桐桜さんは、心の奥底に深い闇を抱えながらも優しく穏やかな心を持った女性。

そんな彼女が抱える純粋すぎる感情が歌詞の中で表現されています

純粋すぎるその心情がときに恐怖さえ感じさせる様な、ダークなバラード作品です

 

公式MVの紹介

こちらがYouTubeで公開されている『花の唄』公式MV。

今回のMVは、映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower』の世界観を表現するように制作された作品になります。

主演を務めるのはAimerのMVではおなじみ、女優の浜辺美波さん。

儚い表情とAimerの力強くも優しい歌声が美しく重なり合った、エモーショナルな映像作品となっています

 

ここからは歌詞解説をしていきます

 

1番:歌詞の意味

まずは冒頭部分の歌詞から。

その日々は夢のように
臆病な微笑みと
やさしい爪を
残して行った

退屈な花びらのように
くるしみを忘れて
貴方の背中でそっと
泣いて笑った

この曲の主人公である間桐桜は、大切な人と過ごす日々を夢の様に感じ幸せな時間を過ごしていました

しかし主人公は同時に、大切な人には隠しておきたい暗い事実を心の中に抱えています

その秘密を隠す様に、主人公の笑顔にはどこか影を感じさせるものがあるのです

ただそんな事実があったとしても、これまで経験してきた苦しみと比べればとてつもなく幸せな日々を送る主人公は、大切な彼の前では常に笑顔を絶やすことはありません。

その平凡な日々が”退屈な花びら”という言葉で表現されています

 

続く歌詞がこちら。

帰らぬ日々を思うような
奇妙な愛しさに満ちた
箱庭の中で
息をひそめ

季節が行くことを忘れ
静かな水底のような
時間にいた

帰らぬ日々“というのは遠い昔の子供の頃の思い出、平凡な日々を過ごした家族との温かい時間のことを表した言葉

今でこそ大切な人の隣で幸せを感じている主人公ですが、それまでは暗い闇の中を生きていたのです。

それは季節の移り変わりにも気づかない様な、深く暗い水底にいる様な世界

そんな時に心を救うのは、昔の幸せだった時間を思い出すことだけだったのです

 

そして1番サビの歌詞。

冷たい花びら
夜に散り咲く
まるで白い雪のようだね
切なく
貴方の上に降った
かなしみを全て
払いのけて上げたいだけ

貴方のこと傷つけるもの全て
私はきっと許すことは出来ない
優しい日々
涙が出るほど
帰りたい
貴方と二人で
見上げた
花びらが散った

深く苦しい日々を過ごしてきた主人公にとって、自分に寄り添ってくれる大切な人を想う気持ちはとても大きなエネルギーになります。

そんな彼に悲しみを与えるものに対して、主人公は牙を剥く様になるのです

それが彼に隠していた事実

冷たい花びら“という言葉で表現されている様に、穏やかな面持ちの裏には制御することのできないほどの冷酷な闇のエネルギーを持ち合わせていました

彼を傷つけるものは全て許せない。

純粋に大切な人を想う気持ちが、時に狂気へと豹変してしまうのです

なぜなら彼がいなくなってしまうことが、主人公にとっては最悪のシナリオだから

 

 

2番:歌詞の意味

まずは冒頭部分から。

月が雲に隠れて
貴方は道を失くして
泣き出しそうな
目をしてた

ぎざぎざなこころだって
ふたつ合わせてみれば
優しいものがきっと
生まれてくるわ

主人公が大切にしている彼には大きな夢があります。

月が雲に隠れて“というのは、その夢の実現が困難な状態を指し示す言葉

希望の道が閉ざされ泣き出しそうな彼の姿が描かれています。

主人公と大切な彼、それぞれが抱える絶望を表すのが”ぎざぎざのこころ“という言葉。

ただ、1つ1つがぎざぎざでも2人一緒になれば、きっとそこから優しさが生まれるはずだと信じているのです

 

続く歌詞がこちら。

私を傷つけるものを
貴方は許さないでくれた
それだけでいいの

ここで出てくる“貴方”というのが、主人公が大切にしている彼のこと

そんな彼が自分のことを守ってくれること、それが彼からの愛情を感じる瞬間であり、それ以上ない幸せなのです

 

そしてラスサビ前の歌詞。

戯れに伸ばされた
貴方の手にしがみ付いた
諦めていた世界に
やがて温かな灯がともる

絶望を抱えながら生きていた主人公の前にふと現れた大切な人

そんな彼が伸ばしてくれた手に必死にしがみついた主人公。

生きる意味すら見失いかけていた主人公が、少しずつ希望の光を見出していくのです

 

最後は2番サビ部分で終わります。

冷たい花びら
夜を切り裂く
私が摘んだ光をみんな束ねて
貴方の上に全部
よろこびのように
撒き散らしてあげたいだけ

わるいことをしたらきっと貴方が
怒ってくれると約束したよね
だからきっともう一度
私を見つけてくれるよね
寂しいところに
もういなくていいね
一人で
見上げた
花びらが散った

大切な彼の笑顔のために。

大切な彼を傷つける者から守るために。

主人公は自らに宿る冷たい闇のエネルギーを解放しようとします

その力を使えば自分は自分でなくなってしまうのですが、それでもきっと彼は気づいて一緒にいてくれるはずだと信じて

彼さえ守ることができれば、もうきっと一人ぼっちにならなくていいんだと信じて

 

 

映画『Fate/stay night』に登場するヒロイン間桐桜の心情をリアルに描いた一曲。

その純粋さに心打たれた人も多いはず。

 

ぜひ歌詞の意味を味わいながら、映画と一緒にこの『花の唄』もじっくりと聴いてみてください!

今まで以上に『Fate』の世界観を楽しめるかもしれません

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら3ヶ月間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間最長で4ヶ月間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)

 

 

『花の唄』収録のアルバム

 

その他Aimerのおすすめ楽曲

 

Aimer(エメ)『I beg you』歌詞【意味&魅力】|愛を懇願する主人公を描く劇場版『Fate』主題歌
Aimer(エメ)『I beg you』歌詞【意味&魅力】|愛を懇願する主人公を描く劇場版『Fate』主題歌Aimer(エメ)『I beg you』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]Ⅱ. lost butterfly』の主題歌にも起用されました。ぜひ歌詞の意味を追いながら『I beg you』の狂気的で混沌とした世界観を楽しんでみてください!ただただ"愛"を懇願する主人公の意志が伝わってくるはずです。...
Aimer(エメ)『Sailing』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』主題歌
Aimer(エメ)『Sailing』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』主題歌Aimer(エメ)『Sailing』の歌詞とその意味&魅力について解説します。どんなに辛い過去や後悔の念があろうとも、いつからだって何度だってやり直せる。ぜひ歌詞の意味をじっくりと胸に刻みながら、この曲『Sailing』を聴いてみてください!きっと聴く人の背中を教えてくれる、ドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』主題歌。...
Aimer(エメ)『ONE』歌詞【和訳&意味】|新たな一歩を後押しする力強い応援歌
Aimer(エメ)『ONE』歌詞【和訳&意味】|新たな一歩を後押しする力強い応援歌Aimer(エメ)『ONE』の歌詞和訳とその意味&魅力について解説します。挑戦する全ての人に送る、この上ない応援歌。この曲『ONE』は、目の前の壁にくじけそうになったときに聴きたい一曲。ぜひ歌詞の意味を胸に刻みながら、何度も繰り返し聴いてみてください。きっと新しい一歩を踏み出す勇気を授けてくれるはずです!...
Aimer(エメ)『コイワズライ』歌詞【意味&魅力】|『白雪とオオカミくんには騙されない♥』主題歌
Aimer(エメ)『コイワズライ』歌詞【意味&魅力】|『白雪とオオカミくんには騙されない♥』主題歌Aimer(エメ)『コイワズライ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。AbemaTV恋愛リアリティーショー『白雪とオオカミくんには騙されない♥』の主題歌として書き下ろされた切なくも前向きで力強いラブソング。ぜひ歌詞の意味をじっくりと噛み締めながら、この曲『コイワズライ』を何度も聞いてみてください!...
Aimer(エメ)『ポラリス』歌詞【意味&魅力】|誰かのポラリスのような存在でありたい
Aimer(エメ)『ポラリス』歌詞【意味&魅力】|誰かのポラリスのような存在でありたいAimer(エメ)『ポラリス』の歌詞とその意味&魅力について解説します。一人ぼっちだなと感じるとき、確かな道しるべとなりあなたに寄り添う存在、そんなポラリスになりたい。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら、この曲『ポラリス』を聞いてみてください!Aimerが歌う楽曲の世界に、グッと惹き込まれていくはずです。...