Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLE『ナニヲナニヲ』歌詞【意味&解釈】|浅すぎる思考はいつか破滅を生む(ミセス)

Mrs. GREEN APPLE『ナニヲナニヲ』歌詞【意味&解釈】|浅すぎる思考はいつか破滅を生む(ミセス)

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『ナニヲナニヲ』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

2ndミニアルバム『Progressive』の2曲目に収録された楽曲です

この曲は、目の前にいる誰かに向かって鋭い質問をグサグサと投げかけていくような構成

この世界において一番愚かなのは、”何も考えず流されるままに生きることなのだ”ということが繰り返し強調して歌われます

自分自身と真剣に向き合うきっかけをくれるような一曲です。

 

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『ナニヲナニヲ』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

Mrs. GREEN APPLE『ナニヲナニヲ』歌詞

楽曲情報

歌手:Mrs. GREEN APPLE
作詞:大森元貴
作曲:大森元貴
収録:2ndミニアルバム『Progressive』
発売日:2015年2月18日(水)

なにが欲しくてさ
なにが要らないとか
所詮そんなもんだろう 僕らはさ
嗚呼 故に
あの時の人とは 現在はどうなの?
向こうは待っているかもよ
貴方が飽きたが故に

 

「息をしてる」
大好きだって言ったって
「届かない」届かない
あなたは あなたは

 

「誰を思っていたいの?」
「何も聞こえやしないよ」
意味なんて無いからさ
身を潜めて謳う

 

「何を生かしていたいの?」
「何を殺してみたいの?」
所詮どんな奴でも
やがて灰になって
空を舞うんだ

 

「ボクハキミヨリモスゴイカラ」
「すごいから?」
「すごいから」って
「しつこいなー」
光合って散らばって
また集めてこぼれて
ぐちゃぐちゃになった紙は
もう二度と戻らないように

 

またこれも同じようだ
それもまた同じようだ
届かない 届かない
あなたは あなたは

 

「何を誇っていたいの?」
「何も感じやしないよ」
意味なんてないけどさ
心底失望をした

 

「誰と寄り添っていたいの?」
「誰を遠ざけていたいの?」
所詮どんな奴でも
やがて灰になって
空を飛ぶんだ

 

「君を愛していたいの」
僕は愛していたいの
叶わない恋ならば
共に灰になろう
「笑っておくれよ 冗談だよ」
「他の人」が良ければ
別にそれでもいい

 

依存 寄り添った
愛に破滅の唄
昨日 よりも今日と
願う 祈りの唄

 

『ナニヲナニヲ』歌詞の意味

この曲『ナニヲナニヲ』は、哲学の分野で使われている”問答法”という言葉が原点となって制作された楽曲。

それは哲学者ソクラテスが提唱した言葉であり、対話によって相手の矛盾や無知を自覚させながら、より高次の認識や真理へと導いていく手法のこととされています

この曲の主人公は憎まれ役となり、
この曲を聴く人に対して様々な質問を投げかけるのです

何を誇っていたいの?

何を生かしていたいの?

棘のように鋭く尖った質問で聴く人を追い詰めていくようにも見えますが、これは主人公大森からの愛のメッセージでもあるのでしょう。

流されるままに生きる人たちがこの曲をきっかけに、もっと色々なことを自問自答し、何か新しい気付きや出会いを得られるようになってほしいという願いが込められているのです

公式MVの紹介

こちらがYouTubeで公開されている『ナニヲナニヲ』公式MV。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

なにが欲しくてさ
なにが要らないとか
所詮そんなもんだろう 僕らはさ
嗚呼 故に
あの時の人とは 現在はどうなの?
向こうは待っているかもよ
貴方が飽きたが故に

僕たち人間は思っているほど複雑な生き物ではなく、割と単純なことしか考えていません

今自分は何を欲していて、逆に何は要らないのか

ほとんどの人たちは、所詮それくらいしか考えていないのでしょう

故に残酷ながら、昔は好きで好きで求め合っていた人との関係も、突然不意に飽きてしまって要らないなと思ってしまうこともあるのです

そしてその逆も然り、突然急に捨てられてしまうということもあるでしょう。

そんな日はいつも不意にやってくる。

常に多くの人は、何が欲しくて何が要らないのかという単純な”願望”のもとに生きているのです

 

続く1番Bメロの歌詞。

「息をしてる」
大好きだって言ったって
「届かない」届かない
あなたは あなたは

思いを寄せる貴方に「大好きだ」と言ったところで、その声が必ず届くとは限りません。

あなたが自分自身と向き合うことをせず、なんとなくの感情に任せて生きているような人間であれば、その言葉は息をせずに死んでいくのでしょう

そんなこの世界に主人公は虚しさを感じるのです

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

まずは前半部分。

「誰を思っていたいの?」
「何も聞こえやしないよ」
意味なんて無いからさ
身を潜めて謳う

主人公は皆に問いかけます。

あなた達は誰を思っていたいの?

どう生きていきたいの?

答えが周りから聞こえてくるのを待っていても、いつまでも何も聞こえやしないからと

この世界で自分が生きる明確な意味など与えられる訳はなく、それらを自分自身に問い続けることで自らその意味を見出していく必要があるのです

単純な世界だからこそ、
常に自分自身と向き合い自問自答し続けることが大切なのでしょう

 

そして1番サビ後半部分の歌詞。

「何を生かしていたいの?」
「何を殺してみたいの?」
所詮どんな奴でも
やがて灰になって
空を舞うんだ

さらに鋭い問いかけは続きます。

あなた達は何を生かしていたくて、何を殺してみたいの?

永遠の命などなく、所詮人間誰しもがいつかは死にゆくのだから、生きている今くらい真剣に自分に向き合ってみようよという、主人公からのメッセージが込められているのです

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

 

2番:歌詞の意味

2番Aメロ部分の歌詞から。

「ボクハキミヨリモスゴイカラ」
「すごいから?」
「すごいから」って
「しつこいなー」
光合って散らばって
また集めてこぼれて
ぐちゃぐちゃになった紙は
もう二度と戻らないように

あらゆる場面で飛び交う「僕は君よりも凄いから」という言葉に違和感を感じる主人公。

“凄い”って何だろうか?と思うのです

深く自分自身と向き合ったわけでもなく、上辺だけの主観的な判断で、簡単にそんな言葉を使うあなた達が心底嫌いなのだと

一度誰かにそんなことを思わせてしまったら、その関係は二度と戻らないから気をつけろよという主人公からの警告なのかもしれません

 

続く2番Bメロの歌詞。

またこれも同じようだ
それもまた同じようだ
届かない 届かない
あなたは あなたは

しかしそんな警告もまた、何も考えずに生きるあなた達には結局届きません

ああ、なんて虚しいのだと。

そんなあなた達に対して諦めの心さえ芽生えてくるのです

 

そして2番サビの歌詞がこちら。

まずは前半部分から。

「何を誇っていたいの?」
「何も感じやしないよ」
意味なんてないけどさ
心底失望をした

主人公は皆に問いかけます。

あなた達は何を誇っていたいの?

正直今のあなた達からは何も感じられないのだと。

受け身の姿勢で待っているだけでは何も始まらないこの世界で、何一つ自分の意見を持たない人たちが大勢いることに、主人公は心底失望しているのでしょう

 

そして2番サビ後半部分の歌詞。

「誰と寄り添っていたいの?」
「誰を遠ざけていたいの?」
所詮どんな奴でも
やがて灰になって
空を飛ぶんだ

ここは1番サビ部分の歌詞と同様の構成。

畳み掛けるように主人公からの鋭い問いかけが続いていきます

あなた達は誰と寄り添っていたくて、誰を遠ざけていたいの

結局いつかは死にゆく運命なのだから、命ある短い期間くらいもっと真剣に自分と向き合ってみようよというメッセージが繰り返し歌われるのです

 

その後ラスサビの歌詞が続きます。

「君を愛していたいの」
僕は愛していたいの
叶わない恋ならば
共に灰になろう
「笑っておくれよ 冗談だよ」
「他の人」が良ければ
別にそれでもいい

真剣に自分と向き合って答えを出すこと。

常に自問自答し続けて、自分なりの理想を見つけること

ここはその大切さを改めて説いているパートになります

例えば、君を愛していたいという気持ちが貴方に届かなかったとしても、僕は一緒に灰になろうなどと言うつもりはない。

君がもし、しかっりと自問自答した上で”他の人”が良いという答えを導いたのであれば、それはそれで良いのだと

そんな例えを用いることで、一番愚かなのは”何も考えず流されるままに生きること”なのだということを繰り返し強調しているのです

 

最後はこのフレーズ。

依存 寄り添った
愛に破滅の唄
昨日 よりも今日と
願う 祈りの唄

何が欲しい何が要らないという浅すぎる思考は、在る種の依存であると歌われます

例えばそうやって寄り添った人たちは、結局いつか突然に破滅に向かうのです

だからこそ主人公は、少しでも多くの人に自分自身と真剣に向き合って欲しいと願います

昨日よりも今日、今日よりも明日。

そうやって少しずつ自問自答出来るようになってほしいと、心から願うのです

 

 

歌詞の意味をじっくりと心に刻みながら、この曲『ナニヲナニヲ』を聴いてみて下さい!

自分自身と真剣に向き合うきっかけをくれるような楽曲です

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら3ヶ月間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間最長で4ヶ月間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)

 

『ナニヲナニヲ』収録作品

 

その他ミセスのおすすめ楽曲

 

Mrs. GREEN APPLE『青と夏』歌詞【意味&解釈】|映画『青夏 きみに恋した30日』主題歌
Mrs. GREEN APPLE『青と夏』歌詞【意味&解釈】|映画『青夏 きみに恋した30日』主題歌Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『青と夏』の歌詞とその意味&魅力について解説します。"原点回帰"と"自分ごと"がテーマに描かれた、疾走感溢れる夏歌。映画『青夏 きみに恋した30日』主題歌としても起用されました。歌詞の意味を味わいながら『青と夏』を聴いてみて下さい!変わらずに心の奥に潜む青春への欲求が蘇ってくるかもしれません。...
Mrs. GREEN APPLE『アウフヘーベン』歌詞【意味&解釈】|歪んだ世界で人はどう生きるのか(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『アウフヘーベン』歌詞【意味&解釈】|歪んだ世界で人はどう生きるのか(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『アウフヘーベン』の歌詞とその意味&魅力について解説します。不条理や生きづらさを感じるこの世界で人はどう生きていくのか。世の中を冷笑的に眺め、"ここ"で生きることに対しての問題提起がなされた楽曲。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら、この曲『アウフヘーベン』を聴いてみて下さい!...
Mrs. GREEN APPLE『僕のこと』歌詞【意味&解釈】|第97回高校サッカー選手権大会応援歌(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『僕のこと』歌詞【意味&解釈】|第97回高校サッカー選手権大会応援歌(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『僕のこと』の歌詞とその意味&魅力について解説します。これまでの道のり全てを肯定してくれる壮大な人生讃歌。『第97回全国高等学校サッカー選手権大会』の応援歌としても起用されました。歌詞の意味を噛み締めながら『僕のこと』を聴いてみて下さい!逆境に挫けそうなときに背中を押してくれる一曲。...
Mrs. GREEN APPLE『インフェルノ』歌詞【意味&解釈】|『炎炎ノ消防隊』オープニングテーマ(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『インフェルノ』歌詞【意味&解釈】|『炎炎ノ消防隊』オープニングテーマ(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『インフェルノ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。"生きる"ということに対して、儚くも熱い想いが詰め込まれた一曲。TBS系アニメ『炎炎ノ消防隊』のオープニングテーマとしても起用されました。ぜひ歌詞の意味を心に焼き付けながらこの曲『インフェルノ』を聴いてみて下さい!...
Mrs. GREEN APPLE『Attitude』歌詞【意味&解釈】|大森の覚悟と魂の叫びが描かれた名曲(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『Attitude』歌詞【意味&解釈】|大森元貴の覚悟と魂の叫びが描かれた名曲(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『Attitude』の歌詞とその意味&魅力について解説してます。この世界はまだまだ捨てたもんじゃないと本気で信じられる世の中であってほしい。歌詞の意味を心に刻みながら『Attitude』を聴いてみて下さい!大森元貴という人間から見えている世界と、その中で抱える葛藤がリアルに描かれている名曲。...