Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLE『キコリ時計』歌詞【意味考察】|過去にも未来にも興味はない理由とは?(ミセス)

Mrs. GREEN APPLE『キコリ時計』歌詞【意味考察】|過去にも未来にも興味はない理由とは?(ミセス)

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『キコリ時計』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

この曲は、1stオリジナルアルバム『TWELVE』の5曲目に収録された楽曲。

アルバム曲の中では最も古い楽曲で、作詞を手掛けた大森くんが中学3年生〜高校1年生の頃に書いた曲とのこと

Mrs. GREEN APPLEが結成される前に作られた歴史ある一曲ですが、アルバムに収録するに当たって新たにリアレンジされてリリースされました。

 

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『キコリ時計』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

Mrs. GREEN APPLE『キコリ時計』歌詞

楽曲情報

歌手:Mrs. GREEN APPLE
作詞:大森元貴
作曲:大森元貴
収録:1stオリジナルアルバム『TWELVE』
発売日:2016年1月13日(水)

今日には無い出来事に興味は無い
そんなの無い 別にいらない
そうでもしなきゃココにあるべきものを
失う気がするから

 

どうでもいい そうでもない なんでもない
心配ならいらないさ
笑えるもん 生きてるもん
それならなんでも苦じゃない

 

波打ち際に立たされています僕
君と居れば大丈夫かな
立ち向かう勇気なら一応あります
立ち上がる気がないだけです

 

頬に流るる涙
時計は僕を観てる
心から溢れる愛が
時々空を見てる

 

今日には無い出来事に興味は無い
そんなの無い 別にいらない
そうでもしなきゃココにあるべきものを
失う気がするから

 

海岸沿いに立たされています僕
誰か居れば大丈夫なの?
起き上がる勇気なら一応あります
目を開ける気がないだけです

 

何処に流れるか知らないけど
時は進む
底から這い上がった人は
いつもソコを見てる

 

夢は見ないし無い 期待しない知らない
信用をしない 居ない 嫌い いつ以来なんだよ
散々だんだん大落胆
たくさんの愛をあげよう

 

頬に流るる涙
時計は僕を診てる
心から溢れる愛が
時々空を見てる

 

今日には無い出来事に興味は無い
と言ってみたけど
明日の「今日」の出来事の事で云うと
楽しみさ 楽しみさ

 

『キコリ時計』歌詞の意味

この曲『キコリ時計』の歌詞の意味について、作詞した大森くん本人の口からはほとんど語られたことがないので、今回はあくまで個人的な想像の範囲で考察していきます。

キコリとは”山林の木を切りだすこと。また、それを職業とする人。”という意味を持つ言葉なのですが、実はキコリにちなんだ有名な説話に『木こりのジレンマ』というものがあります

簡単に要約するとこんなお話です。

1人の木こりが一生懸命に木を切っていると、ある旅人がその横を通りかかります。
旅人は、木こりが一生懸命に木を切っている割にはなかなか木が切れていないのを不思議に思い、木こりの斧を見てみるとかなり刃こぼれが目立っていました。
そこで旅人は「木こりさん、その斧はかなり刃こぼれしているようだから、少し休んで、斧の刃を研いでから切ってみてはどうですか?」と伝えます。
しかし、木こりは「分かってはいるんだけど、今は木を切るのに忙しくてそれどころじゃないんだ。」と言ってボロボロの斧で木を切り続けるのです。

このお話から得られる教訓は、多くの人は最終目標や重要なことよりも目の前のことに囚われすぎているという事実になります。

そして実は、一見遠回りに見えるものが大切なのだということを教えてくれているのです。

まさに『キコリ時計』ではこの曲の主人公の人生を通して、説話が伝えようとしているメッセージを教えてくれているような気がします

今目の前にあるものはもちろん大事だけれども、もう少し先をみて生きてみてもいいんじゃない?と提案してくれているのではないでしょうか

そして実は、この曲に込められたメッセージは他にもあるようなのですが、それは考察を進めながら明らかにしていきたいと思います。

公式音源の紹介

iTunes上に公開されている公式音源がこちら。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

今日には無い出来事に興味は無い
そんなの無い 別にいらない
そうでもしなきゃココにあるべきものを
失う気がするから

冒頭で歌われる<今日には無い出来事に興味は無い>というフレーズは、主人公の今現在の心境を表した言葉になります

過去の出来事はもちろん、明日以降に起こる未来の出来事にすら興味が無いのだと歌われるのですが、それは今この瞬間を大切にするためだと言うのです。

なぜ今この瞬間を大切にするために、過去や未来に興味を示さないのかと疑問に思えますが、そうでもしなければ今に集中できないくらいに、主人公の周りには悩み事や心配事が溢れているのだと思います

それはこの曲の主人公に限った話ではないのかもしれません。常日頃から多くの人の心の容量を奪っているのは、きっと過去や未来の出来事に対する考え事なのです

そして人はそれらから逃げるようにして、今この瞬間の出来事に没頭しようとしているのではないでしょうか。

このパートを通してVo.大森くんは「過去の後悔や未来の心配で心いっぱいになっていませんか?」「現実から目を背けてませんか?」と語りかけてくれているような気がします

 

続く1番A’メロの歌詞。

どうでもいい そうでもない なんでもない
心配ならいらないさ
笑えるもん 生きてるもん
それならなんでも苦じゃない

冒頭で歌われる<どうでもいい そうでもない なんでもない>とは、どれも過去や未来の出来事に対する言葉。

主人公にとっては、今笑えているかどうか今日も生きているかどうかが大切なことであって、それ以外のことには興味がないのだという姿勢が改めて描かれます

笑って生きているなら、どんなに辛いことも我慢するぞ!というスタンスなのです。

きっとそんな考えに至った理由はあるはずなのですが、とにかく主人公は今に集中して生きることこそが、幸せに生き抜く為の秘訣なのだと信じ込んでいるのだと思います

 

その後Bメロの歌詞が続きます。

波打ち際に立たされています僕
君と居れば大丈夫かな
立ち向かう勇気なら一応あります
立ち上がる気がないだけです

これまでは主人公の現時点のスタンスについて歌われてきましたが、このパートでは「とは言え今結構ピンチなんだよね」と、目を背けられない現実が突きつけられます。

<君と居れば大丈夫かな>と、自分の人生の舵を他人任せにすらしてしまっている主人公がいるのですが、ここではそんな主人公の胸の内が包み隠さず歌われるのです

後半2行のフレーズがまさに、『木こりのジレンマ』の木こりが言った「分かってはいるんだけど、今は木を切るのに忙しくてそれどころじゃないんだ」という言葉を表現したものになります。「忙しい」というのは言い訳で、ただ動く気がないだけなのです

ただの怠慢とも言い換えられるかもしれません。

「こうした方が良いよ」と助言をもらっても、中々行動に移すのって難しいですよね。

そんな人間の生々しい心理がありのままに歌われているのだと思います。

目の前の壁に立ち向かう勇気はあるし、そのためのシュミレーションだって完璧なのかもしれませんが、何かと言い訳をして一番肝心な『実行』ができないのです

きっとそれが一番大切なことなのに

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

頬に流るる涙
時計は僕を観てる
心から溢れる愛が
時々空を見てる

涙を流したくなるほど苦しい日も笑顔溢れる楽しい日も、時間は同じ様に過ぎ去ります。

それは重要な事実なのですが、主人公はあまり重くは捉えていないようなのです

ここではそんな状況を<時計は僕を観てる>と表現しているのですが、それは時計がいつも自分たちにその事実を訴えかけているんだと言っているようにも聴こえました

時間は止まらないという現実だけ見れば少し残酷で冷たく感じられるものの、視点を変えてみると、進み続ける時間(時計)はいつも自分の背中を押してくれているのだと言っているようにも思えるのです

あらい。
あらい。
時計が「さぁ今、私と一緒に前に進もう!」って言ってくれてるイメージかな?

そして実は主人公自身も「このままで本当にいいのだろうか?」と、時々空を見上げて自問自答しているのかもしれません。

 

 

2番:歌詞の意味

冒頭Aメロ部分の歌詞は1番Aメロと同様になるので割愛します。

まずは2番Bメロの歌詞から。

海岸沿いに立たされています僕
誰か居れば大丈夫なの?
起き上がる勇気なら一応あります
目を開ける気がないだけです

ここでも1番Bメロ部分と同様に、言い訳ばかりを並べる主人公の姿が描かれます。

<海岸沿いに立たされています僕>という言葉からは、主人公がピンチで孤独な状況に立たされていることが想像できますが、そこから抜け出すための希望の光が全く見えていない訳でもないのかもしれません

<誰か居れば大丈夫なの?>と、現状を打破する道はなんとなく分かっているものの、そのために”動き出す”ことが中々できていないだけなのです

今の自分に必要なことは分かっていると言いつつ、口だけで行動に移せない人間の弱さがひしひしと伝わってきます

そしてこれもまさに、『木こりのジレンマ』に登場する木こりと同じ状況の人間なのです。

 

そして2番サビの歌詞がこちら。

何処に流れるか知らないけど
時は進む
底から這い上がった人は
いつもソコを見てる

これまで歌われてきた怠惰な主人公の姿とは対象的に、ピンチから這い上がってきた人たちの姿について歌われます

彼ら彼女らは、時間は有限で常に流れ続けているという事実をいつも意識しているのだと言っているのです。

だからといってもちろん、思い描いた未来を必ず実現出来るわけではありませんが、より良い未来を創るために口よりも手足を動かすことは間違いないのだと思います

それこそがピンチから脱却する人とそうでない人の違いなのかもしれません。

きっと『木こりのジレンマ』で旅人が木こりに声を掛けたように、Vo.大森くんがこの曲を聴く全ての人にそんな事実を訴えかけてくれているのです

 

続くCメロの歌詞。

夢は見ないし無い 期待しない知らない
信用をしない 居ない 嫌い いつ以来なんだよ
散々だんだん大落胆
たくさんの愛をあげよう

サビ部分の歌詞を受けて、主人公の心境に変化が起こり始めます。

今この瞬間の楽しい出来事にしか興味がないと言い切っていた主人公なのですが、より良い未来に向けて今すべきことを少しずつ進めていこうとするのです

これまで何度も期待を裏切られて傷ついてきた主人公にとって、これは奇跡のような瞬間なのかもしれません。

<いつ以来なんだよ>という言葉がまさに、希望を持って進み出す主人公の姿がとても珍しいということを言い表してるような気がします

あらい。
あらい。
『木こりのジレンマ』で描かれる物語のその後って感じ

きっと心のどこかには、もう一度希望を持って前に進みたいと願う自分が存在したのです

 

最後はラスサビの歌詞で終わりますが、前半部分は1番サビと同様なので割愛します。

そしてラスサビ後半部分の歌詞がこちら。

今日には無い出来事に興味は無い
と言ってみたけど
明日の「今日」の出来事の事で云うと
楽しみさ 楽しみさ

この曲は<今日にはない出来事に興味は無い>と言い切っていた主人公が、今日にはない出来事に興味を持ち始めるまでの物語だったのです。

きっとVo.大森くんが『キコリ時計』で伝えたかったのは、心の変化の裏側にある悩みや葛藤なのだと思います

未来に希望を持って動けない人の中には、それなりの事情を抱えた人たちもたくさんいるのですそして彼ら彼女らなりに悩み苦しんでいるのです

しかし同時に、やっぱり未来に希望を持って生きることって楽しいんだよと、優しく伝えてくれているように感じられました。

「大きな夢を持ってそれを追え!」なんてことを言うわけではなく、明日を楽しみに生きるだけでも人生に彩りが生まれることを教えてくれているのです

もしかすると今日の出来事が明日大きな花を咲かせるかもしれないと思うと、毎日が少しワクワクしますよね

 

 

ぜひ歌詞の意味にも注目しながら、この曲『キコリ時計』を聴いてみて下さい!

優しさの詰まった歌詞に心温めてもらえるかもしれません。

 

『キコリ時計』収録作品の購入はこちらから!

 

その他ミセスのおすすめ曲

 

Mrs. GREEN APPLE『道徳と皿』歌詞【意味考察】|自分なりの哲学を磨いて生きよ(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『道徳と皿』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲『道徳と皿』で歌われているのは、人間が持つ脆さや危うさについて。ぜひ歌詞の意味にも注目しながら、この曲『道徳と皿』を聴いてみて下さい!この世界を幸せに生き抜くヒントが隠されているかもしれません。...
Mrs. GREEN APPLE『アウフヘーベン』歌詞【意味&解釈】|歪んだ世界で人はどう生きるのか(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『アウフヘーベン』歌詞【意味&解釈】|歪んだ世界で人はどう生きるのか(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『アウフヘーベン』の歌詞とその意味&魅力について解説します。不条理や生きづらさを感じるこの世界で人はどう生きていくのか。世の中を冷笑的に眺め、"ここ"で生きることに対しての問題提起がなされた楽曲。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら、この曲『アウフヘーベン』を聴いてみて下さい!...
Mrs. GREEN APPLE『私』歌詞【意味&考察】|ラブソングの枠を超えて大切なことを教えてくれる(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『私』歌詞【意味&考察】|ラブソングの枠を超えて大切なことを教えてくれる(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『私』の歌詞とその意味&魅力について解説します。楽曲はピアノメインで構成され、切なさを感じずにはいられないラブバラードソング。ぜひ歌詞の意味にも注目しながら、この曲『私』を聴いてみて下さい!恋愛ソングの枠を超えて、生きる上で大切なことを教えてくれる一曲です。...
Mrs. GREEN APPLE『SimPle』歌詞【意味&考察】|悩みのタネはいつだってシンプルだ!(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『SimPle』歌詞【意味&考察】|悩みのタネはいつだってシンプルだ(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『SimPle』の歌詞とその意味&魅力について解説します。ぜひ歌詞の意味にも注目して、この曲『SimPle』を聴いてみて下さい!あらゆるものが複雑に絡まりあっているように見えるこの世界の中で、より幸せに生きるためのヒントが見つかるかもしれません。いつだってシンプルに考えてみよう!...
Mrs. GREEN APPLE『WaLL FloWeR』歌詞【意味&解釈】|仲間外れが報われる世の中であってほしい
Mrs. GREEN APPLE『WaLL FloWeR』歌詞【意味&解釈】|仲間外れが報われる世の中であってほしい(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『WaLL FloWeR』の歌詞とその意味&魅力について解説します。作品が終わった時に満足する気持ちを持てる楽曲にしたくてこの曲を制作したとVo.大森くんは語っていました。楽曲全体を通して人間の本質のようなものが描かれているようです。歌詞の意味を心に刻みながら『WaLL FloWeR』を聴いてみて下さい!...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら30日間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間30日間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)