Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLE『鯨の唄』歌詞【意味&解釈】|決して独りじゃないから怖がらないで(ミセス)

Mrs. GREEN APPLE『鯨の唄』歌詞【意味&解釈】|決して独りじゃないから怖がらないで(ミセス)

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『鯨の唄』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

2ndアルバム『Mrs. GREEN APPLE』の6曲目に収録された楽曲です

この曲は、作詞作曲を手掛けるボーカルの大森が学生時代に制作した作品。

孤独を感じながら生きる人の姿が、クジラに例えて歌われています

命の尊さを教えてくれるような、生命力に溢れる雄大な一曲です

 

Mrs. GREEN APPLE(ミセス)公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『鯨の唄』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

動画解説:『鯨の唄』歌詞考察してみた

このブログの内容は下記の動画でも解説中!

Mrs. GREEN APPLE『鯨の唄』歌詞

楽曲情報

歌手:Mrs. GREEN APPLE
作詞:大森元貴
作曲:大森元貴
収録:2ndアルバム『Mrs. GREEN APPLE』
発売日:2017年1月11日(水)

散らばっちまったアイデンティティーが
気づかぬうちに 形になった
光を纏った水しぶきが
時間をかけて落ちるのを見た

 

何気ない日々の夜に
ひょんなことから迷いこんだ
見慣れたものは 何一つ無いな
「どうやって僕の居場所に気づかせよう」

 

手を挙げて 叫んでいるのを
誰かがきっと見ているから
怖がらないで 貴方は貴方の
生命だけを輝かせて

 

奪われちまったバイタリティーが
気づかぬうちに 形になった
汚れを纏った言霊が
時間をかけて澄んでいくのを見た

 

この”時”に抱く感情を
言葉にするには勿体無いな
失わぬように 傷付かぬように
盾と剣を握りしめた
僕の世界と

 

手を挙げて 銃声が響いた
誰かがきっと泣いているから。
怖がらないで
掲げた誓いを果たす為に戦ってくれ

 

手を挙げて 叫んでいるのも
誰かがきっと見ているから
怖がらないで 貴方は貴方の
生命だけを

 

いつまで 悲しんでいるの?
ここでちゃんと見ているから
もう泣かないで 霧が晴れたら
虹の元へ歩いてみよう

 

雨が上がった
空が見えたら
傷が癒えたら

 

歩いてみよう

 

『鯨の唄』歌詞の意味&魅力

この曲『鯨の唄』は、小さく儚い命の尊さやそこに秘められた強さが壮大に歌われる名曲

クジラは仲間同士で会話をすることでも有名な生き物であり、仲間同士の助け合いや繋がりが楽曲の中でも描かれているようです。

たとえ今、孤独を感じていたとしても決して1人ではないんだと

誰かがどこかできっと見てくれているから、君はゆっくり進んでいけばいいんだと。

今ある場所で自分なりに自分らしく輝いてほしい

そんな願いが込められた、聴く人の背中をグッと押してくれる一曲となっています

公式MVの紹介

こちらがYouTubeに投稿されている『鯨の唄』公式MV。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

散らばっちまったアイデンティティーが
気づかぬうちに 形になった
光を纏った水しぶきが
時間をかけて落ちるのを見た

アイデンティティーが散らばってしまった状態とは、自分らしさを見失ってしまい自信を喪失してしまっている状態のこと

今はそんな状態を通り抜け、そのバラバラになってしまった自分らしさをまた取り戻しつつあるのでしょう

そうやって自信を取り戻すことができれば、目の前に広がる世界をも変化します

暗闇の中に一筋の光が差し込むのです。

 

続く1番Bメロ部分の歌詞。

何気ない日々の夜に
ひょんなことから迷いこんだ
見慣れたものは 何一つ無いな
「どうやって僕の居場所に気づかせよう」

人は何気ない日々の中で、小さなきっかけ1つで暗闇に迷い込んでしまうことがあります。

大海原に放り出されたように見慣れたものは何一つ無く、孤独に打ちひしがれそうになるときもあるかもしれません

そんなときどうすればいいのか、何もないこの空間で如何に自分の居場所を知らせればいいのか、迷い苦しむのです

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

手を挙げて 叫んでいるのを
誰かがきっと見ているから
怖がらないで 貴方は貴方の
生命だけを輝かせて

淋しいときや辛いとき、そんなときは手を挙げて叫んでほしい

その叫びはきっと誰かに届くから。

誰かがきっと見てくれているから。

だからこそ、”その苦しみを思いっきり知らせていいんだよ”という優しく背中を押すようなメッセージが歌われています

心に蓋をする必要はなく、自分らしくあり続けることを怖がる必要はないのです

そうすれば必ず、手を差し伸べてくれる人が現れるはずだから

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs. GREEN APPLE(@mgaband)がシェアした投稿

 

2番:歌詞の意味

2番Aメロの歌詞から。

奪われちまったバイタリティーが
気づかぬうちに 形になった
汚れを纏った言霊が
時間をかけて澄んでいくのを見た

ここは1番Aメロ部分と同様、自分に自信を無くしてしまっていた頃の状態が歌われます。

“奪われてしまったバイタリティー”とは生命力を感じられない状態を表現した言葉であり、生きる気力を失ってしまっていたということ

人間誰しも生きていれば、ふとした瞬間にそんな日々に陥ってしまうもの

しかし、何かのきっかけで息を吹き返すのもまた事実なのです。

この曲の主人公もまたその1人であり、自分自身の口から発する言葉が少しずつ前向きなものに変わっていくのを実感しているのでしょう

 

続く2番Bメロの歌詞。

この”時”に抱く感情を
言葉にするには勿体無いな
失わぬように 傷付かぬように
盾と剣を握りしめた
僕の世界と

ゆっくりと流れる時間の中で少しずつ生命力を取り戻していく感覚。

その時の感覚や感情は、主人公にとってかけがえのない特別なものとなったのでしょう。

言葉にしてしまえば安っぽく聞こえてしまいそうなその感情を、失わないように大切に心の中にしまっておくのです

矛盾ばかりのこの世界に生きづらさを感じる自分自身の中に、大事な大事な宝物として

その宝物が、どうしようもなく辛いときに励ましてくれるから

そしてときには盾や矛となり、自分を守ってくれる心強い武器にもなりうるのです

 

そして2番サビの歌詞がこちら。

手を挙げて 銃声が響いた
誰かがきっと泣いているから。
怖がらないで
掲げた誓いを果たす為に戦ってくれ

このパートで歌われる”手を挙げて“という言葉、それは周りに惑わされることなく”自分の信念を貫いて”という言葉にも置き換えることができます

泣いている人がいたら手を差し伸べる

苦しんでいる人がいたら寄り添う

それがこの曲の主人公の在りたい姿なのでしょう。

そしてそれはこの曲を歌うミセス自身の信念であり、誓いでもあるのかもしれません

信念を貫くことを恐れなくていいんだと、その誓いを果たすために戦ってくれと

きっと応援してくれる人たちがいるから

そうやって優しく背中を押してくれるような言葉が歌われています。

 

その後続く落ちサビパートは1番サビの歌詞と同様。

そしてラスサビの歌詞がこちら。

いつまで 悲しんでいるの?
ここでちゃんと見ているから
もう泣かないで 霧が晴れたら
虹の元へ歩いてみよう

雨が上がった
空が見えたら
傷が癒えたら

歩いてみよう

いつまでも悲しみに浸っている必要はない。

ちゃんと僕たち(ミセス)が見てるから泣かないでほしい。

人と人とが手を取り合い助け合うことができれば、もう一度進んでいけるはずだから

悲しみの雨が止み、その隙間から空が見えたなら歩きだそう

自分のペースでいいから自分らしく歩いてみよう

一緒に歩いていこう。

 

 

ぜひ歌詞の意味をじっくりと噛み締めながら、この曲『鯨の唄』を聴いてみて下さい!

壮大なメロディーと優しく包み込んでくれるような温かい歌詞が、聴く人の背中をそっと押してくれる楽曲です

 

『鯨の唄』収録作品の購入はこちらから

 

その他ミセスのおすすめ楽曲

 

Mrs. GREEN APPLE『僕のこと』歌詞【意味&解釈】|第97回高校サッカー選手権大会応援歌(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『僕のこと』歌詞【意味&解釈】|第97回高校サッカー選手権大会応援歌(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『僕のこと』の歌詞とその意味&魅力について解説します。これまでの道のり全てを肯定してくれる壮大な人生讃歌。『第97回全国高等学校サッカー選手権大会』の応援歌としても起用されました。歌詞の意味を噛み締めながら『僕のこと』を聴いてみて下さい!逆境に挫けそうなときに背中を押してくれる一曲。...
Mrs. GREEN APPLE『ロマンチシズム』歌詞【意味&解釈】|資生堂『シーブリーズ』CMソング(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『ロマンチシズム』歌詞【意味&解釈】|資生堂『シーブリーズ』CMソング(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『ロマンチシズム』の歌詞とその意味&魅力について解説します。人類愛という大きなテーマを軸に描かれた一曲。資生堂『シーブリーズ』のCMソングに起用されました。歌詞の意味を味わいながら『ロマンチシズム』を聴いてみて下さい!ありのままに生きることの喜びや切なさが同時に感じられる楽曲です。...
Mrs. GREEN APPLE『パブリック』歌詞【意味&解釈】|人間という生き物の美しさと醜さを描く(ミセス)
Mrs. GREEN APPLE『パブリック』歌詞【意味&解釈】|人間という生き物の美しさと醜さを描く(ミセス)Mrs. GREEN APPLE(ミセス)『パブリック』の歌詞とその意味&魅力について解説します。人間という生き物が心の内側に秘める光と闇の部分。その表裏一体である二面性が生々しく描かれた、人生哲学の詰まった作品です。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『パブリック』を聴いてみてください!その醜い闇の部分まで愛してしまおう。...
Mrs. GREEN APPLE『WanteD! WanteD!』歌詞【意味&解釈】|ドラマ『僕たちがやりました』オープニングテーマ
Mrs. GREEN APPLE『WanteD! WanteD!』歌詞【意味&解釈】|ドラマ『僕たちがやりました』オープニングテーマMrs. GREEN APPLE(ミセス)『WanteD! WanteD!』の歌詞とその意味&魅力について解説します。煩わしい人間関係から逃げようとする10代の若者へ向けたメッセージが歌われます。フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』のオープニングテーマとしても起用されました。歌詞の意味を味わいながら『WanteD! WanteD!』を聴いてみて下さい!...
Mrs. GREEN APPLE『どこかで日は昇る』歌詞【意味&解釈】|ドラマ『笑う招き猫』エンディングテーマ
Mrs. GREEN APPLE『どこかで日は昇る』歌詞【意味&解釈】|ドラマ『笑う招き猫』エンディングテーマMrs. GREEN APPLE(ミセス)『どこかで日は昇る』の歌詞とその意味&魅力について解説します。TBS系ドラマ『笑う招き猫』のエンディングテーマとしても起用されました。幸せとは?人生とは?そんな大きなテーマが掲げられたエモーショナルな一曲。歌詞の意味をじっくりと心に刻みながら、『どこかで日は昇る』を聴いてみて下さい!...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら30日間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間30日間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)