マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつ『ブルーベリー・ナイツ』歌詞【意味&解釈】|タイトルに隠された意味とは!?

マカロニえんぴつ『ブルーベリー・ナイツ』歌詞【意味&解釈】|タイトルに隠された意味とは!?

マカロニえんぴつ『ブルーベリー・ナイツ』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

2ndフルアルバム『hope』の12曲目に収録された楽曲。

日本テレビ系情報番組『バゲット』の3月エンディングテーマとしても起用されました

この曲では、作詞作曲を手掛けたVo.はっとりさん自身が経験した過去の恋愛が、相手の女性目線で描かれていきます

どこまでも切なくやるせない雰囲気が漂う名曲です

 

マカロニえんぴつ公式Instagramの投稿から。

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『ブルーベリー・ナイツ』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

動画解説:『ブルーベリー・ナイツ』歌詞考察してみた

このブログの内容は下記の動画でも解説中!

マカロニえんぴつ『ブルーベリー・ナイツ』歌詞

楽曲情報

歌手:マカロニえんぴつ
作詞:はっとり
作曲:はっとり
収録:2ndフルアルバム『hope』
発売日:2020年4月1日(水)

傷つかないための気付かないふりばかりだ
信じることは悲しいこと
夜の幻 さよなら25時
忘れちゃうのに求め合うのは身体が空っぽだから
姑息で孤独なあなたが嫌いで、でも好きで
そんな自分も好きだった

 

合鍵は返してね
愛がないならもう会えないよ

 

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

 

恋の幻 さよなら25時
信じることは悲しいこと

 

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
残って離れてくれない匂いが
愛おしくて、許せないの
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

 

おとぎ話にすらならないね
錆びた踊り場で回る
神様たちは 他人のままだ

 

覚めないで 夢なら
忘れたいの 本当なら
行かないで 棄てないで
もう縋ったって遅いかな

 

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて

 

マイ・ブルーベリー・ナイツ

 

『ブルーベリー・ナイツ』歌詞の意味&魅力

この曲のタイトル『ブルーベリー・ナイツは、失恋の痛みを描いた外国映画『マイ・ブルーベリー・ナイツ』からインスパイアされたもの

実はこの映画、Vo.はっとりさんが以前付き合っていた女性が好きだった映画だそうで、そのタイトルの響きが好きという理由で楽曲のタイトルに起用したと語られました。

今回の楽曲では、どうすがっても離れていってしまう人に対して抱くやるせなさや、それでもやっぱり諦めきれない主人公(女性)の切ない恋心が描かれていきます

そしてそんな辛い思いを抱えている時につい、誰でもいいんだと自暴自棄になってしまう主人公の姿が”ブルーベリー”に例えて歌われるのです

公式MVの紹介

こちらがYouTubeに公開されている『ブルーベリー・ナイツ』公式MV。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

傷つかないための気付かないふりばかりだ
信じることは悲しいこと
夜の幻 さよなら25時
忘れちゃうのに求め合うのは身体が空っぽだから
姑息で孤独なあなたが嫌いで、でも好きで
そんな自分も好きだった

登場人物は主人公の女性とかつてその彼氏だった男性の2人。

主人公はまだ彼に気持ちがあるのですが、彼氏の心はきっと彼女から離れてしまっているのでしょう

そんな彼の気持ちに薄々気付いてはいたものの、どうにかそんなはずはないんだと信じたい主人公の姿が描かれていきます。無理矢理にでも彼の気持ちがまだ在ることを信じ、離れていった心に気付かないふりをし続けているのです

そうやって今日も空っぽの心で身体だけを重ねていく。

“姑息で孤独なあなたが嫌いだけど好き”というように、自分もまた”孤独”を抱えているのかもしれません。だから実は、そんな彼を支えて満たされている自分も好き

きっと彼にすがりながら、孤独感や寂しさを必死に埋めているのでしょう

 

続く1番Bメロの歌詞。

合鍵は返してね
愛がないならもう会えないよ

そして遂に、ダラダラと続いていた身体だけの関係を断ち切る決意をします。

きっといつも主人公の家に彼が遊びにきていたのでしょう。

しかしそんな日々を終わりにしようと、そこに愛がないのであればもう会えないんだと、ハッキリと伝えるのです

“合鍵は返してね”というこのフレーズに、彼女のやるせない切なさがいっぱいに詰め込まれているような気がします

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

私への気持ちがどうか冷めないように消えないようにと、そうやってどれだけ願ったとしてももう遅いのに、なぜかまだ彼に愛して欲しいと願ってしまう主人公の姿が描かれます。

彼の気持ちはもう冷めきっているのに、心の何処かでまだ諦めきれていない自分が居ることに混乱し、主人公は次第に自暴自棄に陥っていくのでしょう

“私を1人にしないで”と何かに縋りたくなるほど苦しいのです

今すぐにでも運命の人と出会いたい。そして私を貴方の一部にして、この寂しさを埋めて欲しいんだと思ってしまうのかもしれません

ブルーベリーを頬張るように私を掬って食べてと。

そして他の方も考察されていましたが、そんな主人公が過ごす夜はまさにブルー(憂鬱)ベリー(とても)ナイツ(夜)なのです

 

 

2番:歌詞の意味

2番冒頭Aメロの歌詞。

恋の幻 さよなら25時
信じることは悲しいこと

“恋の幻”という言葉、それは中身空っぽで身体だけを重ねていたときのことを表すもの。

そんな夜にどうにか自分を傷つけまいと、事実を歪めて目の前の現実から逃げ続けようとすれば、結局後に大きな悲しみを生んでしまうのです

 

そして2番サビの歌詞がこちら。

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
残って離れてくれない匂いが
愛おしくて、許せないの
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ

私への気持ちがどうか冷めないように消えないようにとどれだけ願ったとしても、すでに手遅れなことは理解しているはずなのに、完全には消えない彼の匂いが幸せだった頃の記憶を忘れさせてくれないのです

そしてそうこうする内に、主人公は次第に自暴自棄に陥っていきます。

もういっそのこと誰でもいいから私を拾って欲しい。そして彼との記憶を忘れられるくらいにめちゃめちゃにして欲しいんだと思ってしまうのです

ブルーベリーを頬張るように私を潰して舐めてと。

今日もまたそんなブルー(憂鬱)ベリー(とても)ナイツ(夜)を過ごすのでしょう

 

その後Cメロの歌詞が続きます。

おとぎ話にすらならないね
錆びた踊り場で回る
神様たちは 他人のままだ

どう頑張ってもこの恋がハッピーエンドに終わることなど無い。

かと言って、おとぎ話のように退屈しのぎに使えるような話でもない

そしてしまいには神様にすらも見捨てられているように感じられてくるのでしょう。

そんな現実を前にした主人公は、まるで暗闇の中をさまよい続ける屍のよう

ここでは何もかもが思い通りに進まない現状について皮肉たっぷりに歌われていくのです

 

そして続く落ちサビの歌詞。

覚めないで 夢なら
忘れたいの 本当なら
行かないで 棄てないで
もう縋ったって遅いかな

この恋が夢の中だけでのものならば、いっそのことこのまま覚めることなく続いていくのもありなのかなと、最後まで未練をちらつかせる主人公の姿がここにあります。

しかしこれが現実なのであれば、この恋のことは綺麗サッパリ忘れてしまわなければならないということにも気付いているのです

そうやって、
にっちもさっちもいかずに疲れ果ててしまいそうな主人公の姿が描かれています

 

最後はラスサビの歌詞で終わります。

冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ここは1番サビとほぼ同様の歌詞が並べられています。

繰り返し描かれるのは自暴自棄に陥っていく主人公の姿

私への気持ちがどうか冷めないように消えないようにと、そうやってどれだけ願ったとしてももう遅いのに、やっぱりまだ彼に愛して欲しいと願ってしまうのです。

そんな心の葛藤や憂鬱、そしてやるせない切なさが永遠と続いているのだと思います

もういっそのこと誰でもいいから私を食べて欲しい潰して欲しい

誰でもいいから私のことをめちゃくちゃにしてくれよと思ってしまうのです

 

 

ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら『ブルーベリー・ナイツ』を聴いてみて下さい!

きっと胸が締め付けられるような切なさを感じられるはずです

 

『ブルーベリー・ナイツ』収録作品の購入はこちらから!

 

マカロニえんぴつおすすめ曲

 

マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』歌詞【意味&解釈】|禁断の恋が生み出す心の葛藤を描いた一曲
マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』歌詞【意味&解釈】|禁断の恋が生み出す心の葛藤を描いた一曲マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。禁断の恋から始まった、主人公の切なすぎる心の葛藤が描かれていきます。『Spotify』のCMソングとしても起用されました。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら、この曲『恋人ごっこ』を聴いてみて下さい!切ないラブストーリーが心に突き刺さる一曲。...
マカロニえんぴつ『ヤングアダルト』歌詞【意味&解釈】|ハロー絶望、そんな風に生きる
マカロニえんぴつ『ヤングアダルト』歌詞【意味&解釈】|ハロー絶望、そんな風に生きてみるマカロニえんぴつ『ヤングアダルト』の歌詞とその意味&魅力について解説します。大人になりきれず、厳しすぎる現実に絶望する若者に居場所を与えてくれるような一曲。ぜひ歌詞の意味を噛み締めながら、この曲『ヤングアダルト』を聴いてみて下さい!世界は絶望よりも希望の方がきっと多いんだと信じさせてくれるような楽曲です。...
マカロニえんぴつ『青春と一瞬』歌詞【意味&解釈】|大人目線で描かれる青春を過ごす若者へのエール
マカロニえんぴつ『青春と一瞬』歌詞【意味&解釈】|大人目線で描かれる青春を過ごす若者へのエールマカロニえんぴつ『青春と一瞬』の歌詞とその意味&魅力について解説します。青春時代を俯瞰して眺め、その儚さを訴えかけるよう歌う一曲。日本マクドナルド「500円バリューセット『こんな時間が、ゴチソーだ。』」のCMソングにも起用されました。ぜひ歌詞の意味をじっくりと心に焼き付けながら『青春と一瞬』を聴いてみて下さい!...
マカロニえんぴつ『レモンパイ』歌詞【意味&解釈】|始まりそうで始まらない甘酸っぱい恋
マカロニえんぴつ『レモンパイ』歌詞【意味&解釈】|始まりそうで始まらない甘酸っぱい恋の歌マカロニえんぴつ『レモンパイ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。始まりそうで始まらない恋を歌った甘酸っぱいラブソング。TBSテレビ『王様のブランチ』の10月度エンディングテーマにも起用されました。歌詞の意味をじっくりと味わいながら、そしてこの先の2人の関係を想像しながら『レモンパイ』を聴いてみて下さい!...
マカロニえんぴつ『hope』歌詞【意味&解釈】|メンヘラ気質な主人公とサバサバ女子の恋物語!?
マカロニえんぴつ『hope』歌詞【意味&解釈】|メンヘラ気質な主人公とサバサバ女子の恋物語!?マカロニえんぴつ『hope』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲で描かれるのは、メンヘラ気質な主人公とサバサバとした彼女との間に生まれる拭いきれない不安な気持ち。2人の運命は一体どんな結末を迎えるのでしょうか。ぜひ歌詞の意味をじっくりと心に響かせながら、この曲『hope』を聴いてみて下さい!...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら30日間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間30日間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)