Official髭男dism

Official髭男dism『Subtitle』歌詞【意味&考察】ドラマ『silent』主題歌の究極のラブソング(ヒゲダン)

Official髭男dism『Subtitle』歌詞【意味&考察】ドラマ『silent』主題歌の究極のラブソング(ヒゲダン)

Official髭男dism(ヒゲダン)『Subtitle』の歌詞の意味を考察したいと思います。

この曲は、8th配信シングル『Subtitle』としてリリースされた楽曲。

フジテレビ系ドラマ『silent』の主題歌として書き下ろされました

一体歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか!?

順を追って紐解いていきたいと思います

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

Official髭男dism『Subtitle』歌詞

楽曲情報

歌手:Official髭男dism
作詞:藤原聡
作曲:藤原聡
収録:8th配信シングル『Subtitle』
発売日:2022年10月12日(水)

「凍りついた心には太陽を」
そして「僕が君にとってそのポジションを」
そんなだいぶ傲慢な思い込みを拗らせてたんだよ
ごめんね 笑ってやって

 

火傷しそうなほどのポジティブの
冷たさと残酷さに気付いたんだよ
きっと君に渡したいものはもっとひんやり熱いもの

 

綺麗事じゃないけど
綺麗で揺るぎないもの
うわべよりも胸の奥の奥を温めるもの
理想だけはあるけど
心のどこ探しても
まるで見つからないんだよ

 

伝えたい伝わらない
その不条理が今
キツく縛りつけるんだよ
臆病な僕の
この一挙手一投足を

 

言葉はまるで雪の結晶
君にプレゼントしたくても
夢中になればなるほどに
形は崩れ落ちて溶けていって
消えてしまうけど
でも僕が選ぶ言葉が
そこに託された想いが
君の胸を震わすのを 諦められない
愛してるよりも愛が届くまで
もう少しだけ待ってて

 

薄着でただそばに立ってても
不必要に汗をかいてしまう僕なんかもう
どうしたって生温くて君を痛めつけてしまうのだろう

 

「手のひらが熱いほど心は冷たいんでしょう?」
冗談でもそんな残酷なこと言わないでよ
別に言えばいいけど
全人生をかけてもちゃんと覆さしてよ

 

救いたい=救われたい
このイコールが今
優しく剥がしていくんだよ
堅い理論武装 プライドの過剰包装を

 

正しさよりも優しさが欲しい
そしてそれを受け取れるのは
イルミネーションみたいな
不特定多数じゃなくてただ1人
君であってほしい

 

かけた言葉で
割れたヒビを直そうとして
足しすぎた熱量で
引かれてしまったカーテン
そんな失敗作を
重ねて重ねて重ねて
見つけたいんだいつか
最高の一言一句を

 

言葉はまるで雪の結晶
君にプレゼントしたとして
時間が経ってしまえば大抵
記憶から溢れ落ちて溶けていって
消えてしまう でも
絶えず僕らのストーリーに
添えられた字幕のように
思い返した時 不意に目をやる時に
君の胸を震わすもの 探し続けたい
愛してるよりも愛が届くまで
もう少しだけ待ってて

 

言葉など何も欲しくないほど
悲しみに凍てつく夜でも
勝手に君のそばで
あれこれと考えてる
雪が溶けても残ってる

 

『Subtitle』歌詞の意味&楽曲背景

この曲のタイトル『Subtitle』を和訳すると“字幕”という意味になります。

今回はドラマのために藤原さんが書き下ろした楽曲ということで、ドラマ『silent』のストーリーと照らし合わせると、タイトルや歌詞の意味が見えてきそうです

ドラマは、主人公の青葉紬(川口春奈)が、その8年前の恋人で今も心残りを感じている佐倉想(目黒蓮)を、雑踏の中に発見するところから始まります。

ただ、偶然の出会いを果たしたものの、想は難病を患い耳が聞こえなくなっていましたまさに音のない”サイレント”な世界を生きていたのです

ドラマ『silent』で描かれるのは、そんな2人が紡ぐ切なくも温かいラブストーリー。

以上を踏まえると、歌詞の内容は想の目線から描かれているように思えます

そして、タイトルが意味する“字幕”というのは、“2人を繋ぐために無くてはならない大切なもの”として捉えられそうですね

公式MVの紹介

YouTubeに公開されている公式MVがこちら。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

「凍りついた心には太陽を」
そして「僕が君にとってそのポジションを」
そんなだいぶ傲慢な思い込みを拗らせてたんだよ
ごめんね 笑ってやって

火傷しそうなほどのポジティブの
冷たさと残酷さに気付いたんだよ
きっと君に渡したいものはもっとひんやり熱いもの

早速冒頭から、藤原さんの作詞家としての凄さが分かる深くて美しい歌詞…!

前半部分で描かれているのは、おそらく耳が聞こえた頃の想(この曲の主人公)の心情

後半部分は、音のない世界を生きる現在の想の心情でしょうか

想がまだ<火傷しそうなほどにポジティブ>だった頃の姿が浮かび上がってきます。

「凍りついた心には太陽を」
「僕が君にとってそのポジションを」

昔の想は、恋人が落ち込んでいる時に「悲しいときも俺がいればいつだって元気になれる!」なんてことを言っていたのかもしれませんね。

しかし、耳が聞こえなくなるという受け入れがたい出来事に直面した今、自分の言葉の残酷さに気が付いたのだと思います。人が本当に辛いとき、前向きすぎる言葉は、鬱陶しいほどに耳障りなものに感じるのです

あらい。
あらい。
ただ側に居てくれるだけでいい!って時もありますよね。

寄り添っているつもりで、完全な独りよがりになっていた当時の自分を恥じる

そんな主人公の様子が、藤原さんの美しい表現によってありありと想像できました。

あらい。
あらい。
ドラマが進むにつれて湊斗目線のようにも思えてきた…(追記)

 

綺麗事じゃないけど
綺麗で揺るぎないもの
うわべよりも胸の奥の奥を温めるもの
理想だけはあるけど
心のどこ探しても
まるで見つからないんだよ

ここで歌われる<綺麗で揺るぎないもの>とは、紬と想が幸せな時間を過ごした高校時代の思い出のことではないでしょうか。

続く<胸の奥の奥を温めるもの>や<理想>という言葉も、その時間を指した言葉のように感じます。想の理想の生活は、高校時代のように2人で笑い合えていた日々なのです

しかし、当時と全く変わらない気持ちとは裏腹に、現実はまるで違います。

耳が聞こえなくなってしまった今、当時のように笑い合うことなど不可能。きっと、そう感じているのです。

あらい。
あらい。
気持ちが変わっていないからこその苦しみですよね…

このパートからは、理想と現実の間で、気持ちの整理を付けられずにいる想の姿が想像できました

 

伝えたい伝わらない
その不条理が今
キツく縛りつけるんだよ
臆病な僕の
この一挙手一投足を

変わらない思いを伝えたい!と思う自分はいるのに、言葉で通じ合うことができない現実に打ちひしがれる毎日。

<その不条理>は、心と身体を想像以上に蝕んでいるのではないでしょうか。

きっと心の奥では「どんな手段を使ってでも伝えたほうが良い」と思う自分がいる反面、その一歩を踏み出せずにいる<臆病な僕>も存在するのだと思います

最後の<一挙手一投足>とは、”一つ一つの動作や行為、ちょっとした振る舞い”という意味を持つことわざ。

臆病な自分には不条理な現実に立ち向かう術はなく、自分の言葉や行動、少しの振る舞いですら、きっと思い通りに扱うことができずにいるのです。

その現実に、並々ならぬ不自由を感じていることが伝わってくる歌詞でした。

<キツく縛りつけるんだよ>という歌詞からは、耳さえ悪くならなければ…というなんとも言えない感情が生々しく伝わってきますよね

 

1番サビの歌詞がこちら。

言葉はまるで雪の結晶
君にプレゼントしたくても
夢中になればなるほどに
形は崩れ落ちて溶けていって
消えてしまうけど
でも僕が選ぶ言葉が
そこに託された想いが
君の胸を震わすのを 諦められない
愛してるよりも愛が届くまで
もう少しだけ待ってて

<言葉はまるで雪の結晶>

この歌詞は、作詞を手掛けたボーカル藤原さんのありのままの考えに思えます。藤原さんは<言葉>というものを、<雪の結晶>のように感じているのではないでしょうか。

雪の結晶はもろく儚く、1つとして同じ形はないとも言われていますそして、その姿かたちが永久に保存されることもありません

しかし、その命ある一瞬に、人の心を魅了する美しさも兼ね備えていますよね

まさに言葉も、そうやって儚くて美しいものだということかもしれません

忘れられていく過去の言葉たちや、誰にも届かずに消えていく言葉たち。

手話や点字、字幕など、伝え方の手段も多種多様に渡ります。

そのどれもに、人の心を震わせる力があるのではないでしょうか

<諦められない>という歌詞からは、いつか自分が選んだ言葉で、愛を伝えたいんだ!という強い気持ちがまっすぐに伝わってきますよね。

これまでと同じ言葉を発することができずとも、どうにか自分らしい言葉で紬に気持ちを届けたい。そんな前向きな気持ちも見え隠れするサビ部分になっていました

 

 

2番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロの歌詞から。

薄着でただそばに立ってても
不必要に汗をかいてしまう僕なんかもう
どうしたって生温くて君を痛めつけてしまうのだろう

「手のひらが熱いほど心は冷たいんでしょう?」
冗談でもそんな残酷なこと言わないでよ
別に言えばいいけど
全人生をかけてもちゃんと覆さしてよ

前半部分の歌詞は、どうしても気持ちがすれ違ってしまう2人のことを表現しているように思えます

“2人”とは想と紬だけではなく、紬と湊斗、湊斗と想といった、ドラマの登場人物それぞれの関係性にも当てはまりそうです(湊斗は紬の今彼)。

それぞれがお互いに、ありのままの自分を見せられていない関係性を上手く言い表していますよね

あらい。
あらい。
個人的にそんなふうに感じました。

続く<手のひらが〜冷たいんでしょう?>という言葉では、本当の気持ちと行動がズレてしまっていることを表現しているような気がします。

外側が熱いからって、内側も熱いとは限らないということ。つまり、外から見えている部分だけが全てじゃないでしょ?ということではないでしょうか。

とても残酷で寂しい言葉ですが、きっとそれが図星なのです。

一番の歌詞で歌われていたように、皆それぞれに秘めた想いがあるのでしょう。

だからこそ<覆さして>と歌っているのだと思います。そう捉えると、この言葉が「これからは自分に正直に生きる」という宣言のように聞こえてきます

 

救いたい=救われたい
このイコールが今
優しく剥がしていくんだよ
堅い理論武装 プライドの過剰包装を

救いたい=救われたい>という歌詞は、曲中で最もインパクトのある言葉と言ってもよさそうです。

おそらくこの歌詞が意味するのは、自分の本当の気持ちに向き合えた時に、人は真の意味で優しくなれるということなのかもしれません。

誰かを”救いたい”という気持ちの裏には、少なからず自分自身が”救われたい”という気持ちもあるということで、その真実に向き合えた時に道が拓けるということではないでしょうか。

誰かを救いたいという思い一心で動いているように見えるときこそ、見えないプライドに支配されている。そして無意識にそれらしい理論ばかりを並べて、自分の本心(救われたい気持ち)に蓋をしてしまうのだと思います

そんな想が、紬が、湊斗が、少しずつ自分の気持ちに素直に向き合おうとする。そんな姿が想像できました。

あらい。
あらい。
僕はこのパートの歌詞が一番好き!

 

そして2番サビの歌詞がこちら。

正しさよりも優しさが欲しい
そしてそれを受け取れるのは
イルミネーションみたいな
不特定多数じゃなくてただ1人
君であってほしい

このパートで歌われるのは、愛する人や救いたい人がいる人たちの嘘偽りのない気持ちだと思います

人はみな、理論上の正しさではなく、心を突き動かす本能のような優しさを欲している、ということではないでしょうか。

そしてその優しさは、不特定多数が感動を共有できるイルミネーションのようなものではなく、たった1人にしか届かないプレゼントのようなものであってほしいのだと言っているのだと思います。

愛する人だけに向けた、特別なものであってほしいのです。

これ以上ないほどの愛情表現が、藤原さんが紡ぐ美しい歌詞によって表現されていました

 

その後Cメロの歌詞が続きます。

かけた言葉で
割れたヒビを直そうとして
足しすぎた熱量で
引かれてしまったカーテン
そんな失敗作を
重ねて重ねて重ねて
見つけたいんだいつか
最高の一言一句を

このパートでまず注目したいのは、最初の4行の冒頭が四則演算になっているところ

かけた(×)、割れた(÷)、足しすぎた(+)、引かれて(-)といった感じです。

藤原さんの遊び心が感じられる歌詞ですよね。

歌われているのは、特別な人とのコミュニケーションの難しさといったところでしょうか

大切に思うがあまり、強すぎる想いが相手を困らせてしまったり、関係を壊してしまったり。特別だからこその難しさがきっとあるのだと思います。

しかし、そんな失敗を重ねながらもいつかその先に、最高の一言一句(関係性)を築きたいんだという強い想いが伝わってきました

 

そしてラスサビの歌詞がこちら。

言葉はまるで雪の結晶
君にプレゼントしたとして
時間が経ってしまえば大抵
記憶から溢れ落ちて溶けていって
消えてしまう でも
絶えず僕らのストーリーに
添えられた字幕のように
思い返した時 不意に目をやる時に
君の胸を震わすもの 探し続けたい
愛してるよりも愛が届くまで
もう少しだけ待ってて

このパートでは、1番サビと似たような歌詞が歌われています。

言葉は雪の結晶のように美しくも儚く、いつかは記憶から消えてしまうこと。それは、耳が聞こえなくなってしまった想が、痛いほど身にしみて感じている事実でもあります。

だからこそ、言葉に代わっていつまでも胸の奥に残り続ける”何か”を探し求めているのではないでしょうか。

その”何か”を代表するものが『Subtitle』であり<字幕>なのだと思います。

ふと発せられた心動かす言葉も、字幕を添えておくことで、その時の空気感や感動をいつだって蘇らせることができるのです。

想はどんな”何か”を見つけるのか

字幕のようなその”何か”を見つける物語こそが、この曲のテーマなのだと感じました

 

ラストはこのフレーズで終わります。

言葉など何も欲しくないほど
悲しみに凍てつく夜でも
勝手に君のそばで
あれこれと考えてる
雪が溶けても残ってる

<言葉など〜凍てつく夜>とはどんな夜でしょうか

とても苦しく辛い夜が想像できます。

それはもしかすると“想が紬に別れを告げた日の夜”のことかもしれません。

そう捉えるならば、その日は想にとっても紬にとっても辛い夜だったはずです。

紬との未来を案じ、苦渋の思いで別れを選んだ想

想から一方的な別れを告げられ、途方に暮れた紬

どちらもがその夜、悲しみに打ちひしがれながらも互いを想い合い、様々な思いを巡らせたのではないでしょうか。

<勝手に君の〜と考えてる>とは、そういうことだと思いました。

それからは言葉こそ交わさなかったものの、当時のことは鮮明に心に刻まれている。そんな状況のことを<雪が溶けても残ってる>という歌詞で表現しているように感じました。

雪が溶けてしまえばなくなってしまう雪の結晶のような”言葉”ではない、いつまでも胸を震わせる”何か”のヒントが、ここに隠れているのかもしれません

 

 

ぜひ歌詞の意味を踏まえた上で、改めて『Subtitle』を聴いてみてください!

聴けば聴くほど深みが増していく。そんな曲です。

 

『Subtitle』のフル視聴はこちらから!

 

その他ヒゲダンのおすすめ曲

Official髭男dism『ミックスナッツ』歌詞【意味&考察】|アニメ『SPY×FAMILY』オープニング主題歌(ヒゲダン)
Official髭男dism『ミックスナッツ』歌詞【意味&考察】アニメ『SPY×FAMILY』オープニング主題歌(ヒゲダン)Official髭男dism(ヒゲダン)『ミックスナッツ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。テレビアニメ『SPY×FAMILY』のオープニング主題歌として書き下ろされました。ぜひ歌詞の意味を踏まえた上で、改めてこの曲『ミックスナッツ』を聴いてみて下さい!生きる上で"本当に大切にすべきもの"について、深く考えさせられるような楽曲です。...
Official髭男dism『Anarchy』歌詞【意味&考察】|映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』主題歌(ヒゲダン)
Official髭男dism『Anarchy』歌詞【意味&考察】|映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』主題歌(ヒゲダン)Official髭男dism(ヒゲダン)『Anarchy(アナーキー)』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は、映画『コンフィデンスマンJP -英雄編-』の主題歌として書き下ろされました。ぜひ歌詞の意味にも注目しながら、この曲『Anarchy』を聴いてみて下さい!悪者を裁く悪者の心の内には、複雑な感情が渦巻いていたのです。...
Official髭男dism『Cry Baby』歌詞【意味&解釈】|アニメ『東京リベンジャーズ』主題歌の応援歌(ヒゲダン)
Official髭男dism『Cry Baby』歌詞【意味&考察】アニメ『東京リベンジャーズ』主題歌の応援歌(ヒゲダン)Official髭男dism(ヒゲダン)『Cry Baby』の歌詞とその意味&魅力について解説します。テレビアニメ『東京リベンジャーズ』のオープニングテーマとしても起用されました。歌詞の意味を心に刻みながら『Cry Baby』を聴いてみて下さい!目の前の壁に挫けそうなときに自分を奮い立たせてくれる一曲。...
Official髭男dism『Laughter』歌詞【意味&解釈】|映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』主題歌(ヒゲダン)
Official髭男dism『Laughter』歌詞【意味&考察】映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』主題歌(ヒゲダン)Official髭男dism(ヒゲダン)『Laughter』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌として書き下ろされました。ぜひ、歌詞の意味を心に響かせながら『Laughter』を聴いてみて下さい!個人的にこの曲は、人生のバイブルとしていつまでも聴き続けたい一曲です。...
Official髭男dism『アポトーシス』歌詞【意味&解釈】|Vo.藤原聡の死生観が描かれた超大作(ヒゲダン)
Official髭男dism『アポトーシス』歌詞【意味&考察】|Vo.藤原聡の死生観が描かれた超大作(ヒゲダン)Official髭男dism(ヒゲダン)『アポトーシス』の歌詞とその意味&魅力について解説します。ボーカル藤原さんが、1年以上かけて制作したというこの曲『アポトーシス』は、藤原さんの死生観が描かれた超大作となっています。ぜひ歌詞の意味にも注目しながら、この曲『アポトーシス』を聴いてみて下さい!...

 

今なら無料で音楽聴き放題!

1月11日まで限定!
3ヶ月間は無料体験が可能◎
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間今なら3ヶ月間無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:880円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約9000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)

\\いつでも解約OK!//

 

関連記事