藤井風

藤井風(Fujii Kaze)『特にない』歌詞【和訳&意味】|真の豊かさはいつも自分の内側にある

藤井風(Fujii Kaze)『特にない』歌詞【和訳&意味】|真の豊かさはいつも自分の内側にある

藤井風(Fujii Kaze)『特にない』の歌詞和訳とその意味について解説していきます。

1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』の7曲目に収録された曲。

心地良いビートを刻むR&B風の楽曲に仕上がっています。

見失いがちな、生きる上で大切なことに気づかせてくれるような楽曲です

 

インスタグラムに投稿された『特にない』収録の1stアルバムを手に持つ藤井風の写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『特にない』の歌詞和訳から紹介していきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

藤井風『特にない』歌詞和訳

楽曲情報

歌手:藤井風(Fujii Kaze)
作詞:藤井風(Fujii Kaze)
作曲:藤井風(Fujii Kaze)
収録:1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』
発売日:2020年5月20日(水)

特にない
望みなどない
わたし期待せずに歩く

 

特にない
願いなどない
わたし身を任してる

 

見返り
求めるから
いつも傷付いて終わる

 

ご褒美
欲しがるから
いつも腹が減ってる

 

My heart is saying I’m not caring no more
Somebody slap my ass and let me go
I used to dance but I’m losing my beat
And now I lost my feet
Somebody bring back to me
That love and just let me be

<和訳>
これ以上何も気にしないと私の心が言ってる
誰かが私のお尻を叩いて連れて行く
昔はよく踊ってたけど今はビートを失ってる
そして今足を踏み外した
誰かが私を元のように戻す
それは愛 ありのままの姿で生きよう

 

特にない
定めなどない
わたし 囚われず歩く

 

特にない
渇きなどない
わたし 満たされてる

 

My heart is saying I’m not caring no more
Somebody slap my ass and let me go
I used to dance but I’m losing my beat
And now I lost my feet
Somebody bring back to me
That love and just let me be

<和訳>
これ以上何も気にしないと私の心が言ってる
誰かが私のお尻を叩いて連れて行く
昔はよく踊ってたけど今はビートを失ってる
そして今足を踏み外した
誰かが私を元のように戻す
それは愛 ありのままの姿で生きよう

 

特にない
定めなどない
わたし 囚われず歩く

 

特にない
渇きなどない
わたし 満たされてる

 

特にない
渇きなどない
わたし 満たされてる

 

『特にない』歌詞の意味

この曲では『足るを知る』の精神を淡々と、かつ切々と歌われているとのこと。

Low Hip Hopの心地良さと温かさを意識して制作されたそうです

藤井風の楽曲らしく、人生哲学が詰まった一曲となっています。

 

公式音源の紹介

こちらがYouTubeに投稿されている『特にない』公式音源フルバージョン。

イントロのピアノが心地良い。

日本語歌詞と英語歌詞が絶妙にコラボする格好いい楽曲です。

 

ここからは歌詞の意味を解説していきます

 

歌詞冒頭からの2フレーズ。

特にない
望みなどない
わたし期待せずに歩く

特にない
願いなどない
わたし身を任してる

タイトルにもなっている「特にない」という言葉がいきなり登場。

曲全体のテーマである『足るを知る』ということが、情景として表現されています

主人公(藤井風)は外部に何かを期待したり、何かを願って期待したりはしないよと。

淡々と流れに身を任せて進むようなイメージでしょうか。

ただ何も考えることなく、つまらない日々を送るという意味ではありません

 

『足るを知る』という言葉の語源は、中国の思想家である老子の「知足者富」という言葉。

自分が何を持っているのかを知ることが真の豊かさであるという意味です。

 

そのことについて更に具体的に表現しているのが、次に続くフレーズ。

見返り
求めるから
いつも傷付いて終わる

ご褒美
欲しがるから
いつも腹が減ってる

“自分が持っているもの”ではなく”相手からの見返りや外側の報酬”に目を向けた結果、人は傷つき満たされることもない

そんなことを伝えています。

外側にばかり目を向けていても、自分の豊かさが見つかることはないのかもしれません

 

そしてこの曲のサビ部分は英詞になっています。

My heart is saying I’m not caring no more
Somebody slap my ass and let me go
I used to dance but I’m losing my beat
And now I lost my feet
Somebody bring back to me
That love and just let me be

<和訳>
これ以上何も気にしないと私の心が言ってる
誰かが私のお尻を叩いて連れて行く
昔はよく踊ってたけど今はビートを失ってる
そして今足を踏み外した
誰かが私を助けた
それは愛 ありのままの姿で生きよう

最後の一文にこの曲のメッセージが詰め込まれています。

That love and just let me be

愛に生きよう。ありのままの姿で

サビ前までの歌詞を受け、
ここでは誰かの愛に触れたときの情景と、何気ない日常の中に隠れた豊かさが歌われています。

そしてその豊かさの根源は『愛』であるということ

 

楽曲ラストはこの言葉。

特にない
定めなどない
わたし 囚われず歩く

特にない
渇きなどない
わたし 満たされてる

私たち人間に定めなんてない

何かに囚われて生きる必要なんてないんだということを伝えています。

そして、何かを求め続ける必要もないと。

自分が気づいていないだけで、自分たちはすでに満たされているんだから。自分が持っているものは想像以上にたくさんあるんだということです。

 

 

もし今”満たされていないな”とか”何かをしなければ”と感じているならば、外に豊かさを求めるのではなくてまずは、『自分自身が何を持っているのか』を再確認すると良いのかもしれません

 

 

生きる上で大切なことに気づかせてくれるような一曲

ぜひ歌詞の意味を噛み締めながら、この曲『特にない』を楽しんでみてください!

 

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら3ヶ月間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間最長で4ヶ月間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)

 

 

『特にない』収録アルバム

 

その他の藤井風おすすめ楽曲

 

藤井風(Fujii Kaze)『帰ろう』歌詞解説【意味&魅力】|『死』をテーマに描かれた優しい一曲
藤井風(Fujii Kaze)『帰ろう』歌詞【意味&魅力】|『死』をテーマに描かれた優しい一曲藤井風(Fujii Kaze)『帰ろう』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』のラストを飾る一曲。優しい曲調でありながら、スケールの壮大な楽曲になっています。頭の中では理解できている真実の世界と、それと相反する人間臭い世界。その二つの世界が『死』というテーマを通じて美しく描かれていました。...
藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』歌詞【意味&解説】|本当に自分自身が求めているものは何?
藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』歌詞【意味&解釈】|本当に自分自身が求めているものは何なん?藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は、配信限定1stシングルとしてリリースされた藤井風の初となるシングル曲。『何なんw』という曲名からも分かるように、藤井風らしさ全開の独特な世界観を持った楽曲です。ぜひ歌詞の意味を心に響かせながら、この曲『何なんw』を聴いてみて下さい!...
藤井風(Fujii Kaze)『罪の香り』歌詞【意味&魅力】|人間の弱さと迫る甘い誘惑を歌った曲
藤井風(Fujii Kaze)『罪の香り』歌詞【意味&魅力】|人間の弱さと迫る甘い誘惑を歌った曲藤井風(Fujii Kaze)『罪の香り』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』5曲目に収録。この曲は『罪への恐れ』を歌った一曲。楽な方へ楽な方へと逃げがちな人間に近寄る誘惑を『罪の香り』と表現し、その罪と戦う一人の人間の心情が描かれています。歌詞の意味を追いながらが何度も聴いてみてください!...
藤井風(Fujii Kaze)『もうええわ』歌詞解説【意味&魅力】|人生のあらゆる執着からの解放を歌う曲
藤井風(Fujii Kaze)『もうええわ』歌詞【意味&魅力】|人生のあらゆる執着からの解放を歌う曲藤井風(Fujii Kaze)『もうええわ』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。この曲は2nd EP『もうええわ EP』の表題曲として収録された一曲。「人生のあらゆる執着からの解放」を歌った曲になります。藤井風らしさ全開の遊びココロ満載な楽曲です。是非、藤井風の世界観にどっぷりと浸ってみてください!...
藤井風(Fujii Kaze)『キリがないから』歌詞解説【意味&魅力】|過去や未来ではなく【今】に集中しよう
藤井風(Fujii Kaze)『キリがないから』歌詞【意味&魅力】|過去や未来ではなく【今】に集中しよう藤井風(Fujii Kaze)『キリがないから』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』の四曲目に収録。この曲『キリがないから』は「過去や未来に執着するのではなく、【今】に集中しよう」というメッセージが込められた楽曲です。藤井風の曲はいつも本質的な人生の教訓に気づかせてくれます。...