藤井風

藤井風『へでもねーよ』歌詞【意味&考察】|棘のある攻撃的な歌詞は自分自身に向けたもの?(Fujii Kaze)

藤井風『へでもねーよ』歌詞【意味&考察】|棘のある攻撃的な歌詞は自分自身に向けたもの?(Fujii Kaze)

藤井風(Fujii Kaze)『へでもねーよ』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

この曲は、デジタル配信5thシングル『へでもねーよ』としてリリースされた楽曲

2020年10月29日に開催された風くん初となる武道館公演にて、配信限定6thシングルとしてリリースされた『青春病』と共にお披露目されました。

一見かなり攻撃的な歌詞に見えますが、実はそこには、自分自身に対する葛藤や苦しみが込められているようです

 

藤井風公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

New song “Hedemo Ne-Yo” OUT NOW everywhere. 新曲「へでもねーよ」

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿 –

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『へでもねーよ』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

藤井風『へでもねーよ』歌詞

楽曲情報

歌手:藤井風(Fujii Kaze)
作詞:藤井風(Fujii Kaze)
作曲:藤井風(Fujii Kaze)
収録:配信限定5thシングル『へでもねーよ』
発売日:2020年10月30日(金)

野菜ばっかの生活しょんのに
腹が立つことちょっくらあんのは
カルシウムちと不足しとんじゃわ
おどれ(怒)

 

慎ましやかに生きていきょんのに
いつもなんかが邪魔をするんじゃわ
こんな時ゃ人目もはばからずに
踊れ

 

かと思いきや正反対
とても平穏な新世界
願うはここへずっと居たい
もう限界
神様、力をちょうだい
あんたがいれば無問題

 

変わらぬものにしがみついてたい

 

あんたの軽ぃキック へでもねーよ
あんたの軽ぃパンチ へでもねーよ
あんたの軽ぃブロウ へでもねーよ
へでもねーよ バカじゃねーよ
あんたの軽ぃディス へでもねーよ
あんたの軽ぃヘイト へでもねーよ
あんたの軽ぃマウント へでもねーよ
へでもねーよ それでえーの?

 

帰れ うちへ帰れ
黙れ しばし黙れ
騒げ よそで騒げ
騒げ

 

かと思いきや急展開
自分次第で別世界
作り変えられるみたい
信じたい
神様、力をちょうだい
一人じゃ何も出来ない

 

確かなものにしがみついてたい

 

あんたの軽ぃキック へでもねーよ
あんたの軽ぃパンチ へでもねーよ
あんたの軽ぃブロウ へでもねーよ
へでもねーよ バカじゃねーよ
あんたの軽ぃディス へでもねーよ
あんたの軽ぃヘイト へでもねーよ
あんたの軽ぃマウント へでもねーよ
へでもねーよ それでえーの?

 

『へでもねーよ』歌詞の意味

この曲のタイトル『へでもねーよ』の由来は、慣用句である『屁でもない』という言葉。

この言葉は、”あるものごとが、屁にも値しないほどとるに足らない、問題にならない”という意味を持つのですが、この曲『へでもねーよ』で歌われるのは、ふとした瞬間に現れる自分自身の弱さに対する嘆きや苦しみと、その弱さに打ち勝つための極意のようなものになります

どんなに心の平穏を願っていても、生きていれば必ず苛立ちを感じたり不平不満を言いたくなったりする出来事に遭遇しますが、そんな時に風くんは自分自身に矛先を向けるのです

そして外に矛先を向けそうになる自分の心を『弱さ』として捉えているのだと思います。

その『弱さ』は誰もが持っているはずなのですが、そんな心の脆さが見えた時に、どう対処すれば良いのかを教えてくれるのです

この曲が初披露された武道館公演でも風くんの口から「自分と、そして人生と、見えない敵と闘っている、そういうような歌」と語られています。

そして余談ですが、実は『へでもねーよ』の冒頭イントロ部分のメロディは、高校時代に友人とアレンジした『キューティーハニー』の一部を転用しているそうなんです

気になる方はぜひ聴き比べてみて下さい!

あらい。
あらい。
遊び心が凄い!この事実を知った時の衝撃は一生忘れない気がします…

公式MVの紹介

こちらがYouTubeに投稿されている『へでもねーよ』公式MV。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分から。

野菜ばっかの生活しょんのに
腹が立つことちょっくらあんのは
カルシウムちと不足しとんじゃわ
おどれ(怒)

冒頭部分で歌われる<野菜ばっかの生活をしている>のがまさにこの曲の主人公であり、ベジタリアンとして知られている風くん本人のことになります

野菜をしっかり取って生活している人たちは健康的で穏やかな印象がありますが、今の風くんは度々苛立ちを感じながら生活しているようです。

ここではその理由をカルシウム不足と歌うのですが、おそらくそれは建前上の言葉であって、本当はもう少し別の理由があるように感じられます。

きっと<カルシウムちと不足しとんじゃわ>という言葉が象徴するのは、何かと理由を付けて自分の苛立ちを正当化しようとする人たちの存在なのです

それは人間の”弱さ”や”脆さ”とも言えるかもしれません。このパートからは、人は常に目に見えない敵と戦って生きているのだということに気付かされます

そして最後に歌われる<おどれ>とは、岡山の方言で”貴様”や”お前”という意味になりますがあまり綺麗な言葉ではなく、自分の感情を上手くコントロールできていない状況を表現しているのではないでしょうか

 

続くA’メロの歌詞。

慎ましやかに生きていきょんのに
いつもなんかが邪魔をするんじゃわ
こんな時ゃ人目もはばからずに
踊れ

Aメロ部分と同様に<慎ましやかに生きている>のは風くん本人になります。

どんなに謙虚にあり続けて優しく平穏な日々を過ごしていても、いつも何かがその生活を邪魔してくるのです

あらい。
あらい。
正直者が馬鹿を見る、のような感じなのかな…

自分はただ慎ましく生きているだけなのに、度々試練を与えてくる理不尽な世の中に対して絶望を感じずにはいられないのかもしれませんが、そんなときこそ踊れと歌われます

ただ踊るだけではなくて、人目を気にせず好き放題踊れと言っているのです

優しく謙虚な人たちが持つ怒りの感情は、多くの場合他人の目を気にしすぎることから生まれるものであって、好き放題踊ることでその感情は和らぐのかもしれません。

おそらくそれが根本的な解決策にはならないことにも気付いているのですが、それはきっと怒りの感情に蓋をするための応急処置のようなものになりうるのです

 

その後1番Bメロの歌詞が続きます。

かと思いきや正反対
とても平穏な新世界
願うはここへずっと居たい
もう限界
神様、力をちょうだい
あんたがいれば無問題

変わらぬものにしがみついてたい

これまでの歌詞中では、怒りの感情をあらわにしていた主人公でしたが、ここでは打って変わって感情に落ち着きを取り戻します。

目に見えない敵は常に自分の中に存在しているのですが、その敵にいつも屈服するわけでありません。自分自身の弱さや脆さに打ち勝てるときもあるのです。

現段階ではその結果になぜ違いがあるのか分からないのですが、とにかく主人公である風くんは常に強くあれるような心の安定感を求めているのだと思います

その思いは神様にすがりたくなるほどに強いのです。

そして同時に、ここでは人間心理の本質が歌われているようにも感じられます。

人は何事に対してもフワフワとした不安定なものを嫌い、確かに変わらないものを追い求める生き物なのだと思います

それは揺るぎない信念かもしれないし、確かな自信かもしれませんが、とにかくそれらを手に入れたときにだけ人は平穏な世界を手に入れるのかもしれません

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

あんたの軽ぃキック へでもねーよ
あんたの軽ぃパンチ へでもねーよ
あんたの軽ぃブロウ へでもねーよ
へでもねーよ バカじゃねーよ
あんたの軽ぃディス へでもねーよ
あんたの軽ぃヘイト へでもねーよ
あんたの軽ぃマウント へでもねーよ
へでもねーよ それでえーの?

Bメロ部分で歌われたような確かなものを手に入れた主人公は、自分の内側に存在する弱さに打ち勝つ強さを手に入れます。

ここで歌われる<あんた>とは、自分の中に存在する怠惰な自分だったり傲慢な自分だったり、強欲な自分だったりするのですが、それこそが『弱さ』を象徴するものたちであり、そのどれもが取るに足らないようなものに変わったのです

自分の中に湧き上がっていた怒りの感情は、決して<カルシウム不足>などではなく、自分自身の心の余裕の無さから生まれたものだったのだと思います

そんな事実に気付いたとき、新たな自分に生まれ変わることが出来るのかもしれません

 

 

2番:歌詞の意味

まずは2番Aメロ部分から。

帰れ うちへ帰れ
黙れ しばし黙れ
騒げ よそで騒げ
騒げ

ここで歌われるのは、どれも自分自身の中に存在する『弱い自分』に対する言葉

強すぎるほどの言葉で表現されるこれらのフレーズは、主人公が自分に余裕が持てていない状態であることを象徴しています

1番Aメロ部分の歌詞と同様、きっと怒りの感情に支配されてしまっているのです。

 

続く2番Bメロの歌詞。

かと思いきや急展開
自分次第で別世界
作り変えられるみたい
信じたい
神様、力をちょうだい
一人じゃ何も出来ない

確かなものにしがみついてたい

ここで改めて、主人公は平穏な心を取り戻すことに成功しました。

その事実自体は1番サビ部分と同様なのですが、今回は前回とは違い、意識的に平穏な世界を取り戻したのだと思います。

そして今回の経験から、自分の中に存在する弱さに打ち勝つためには、自分なりの確固たる信念を持つことが大切だという仮説が確信に変わったのです。

それは即ち、自分次第で目に見える世界を変えることが出来るということであり、自分次第で望み通りの世界を生きられるということなのかもしれません

まさにそれこそがこの曲のメッセージでもあるのですが、それを自分1人だけで成し得ることは不可能であり、他人の力が必要不可欠なのだということも教えてくれています

今現在どんな絶望の中にいようとも、自分にとっての神様、自分が信じようとする教えやモノゴトが明確にあれば、きっとそれらが自分自身に平穏な日常を与えてくれるのです

主人公の物語を通して、聴く人に救いの手を差し伸べてくれるような楽曲でした

 

(2番サビの歌詞は1番サビと同様の歌詞になるので割愛します。)

 

 

ぜひ歌詞の意味を踏まえた上で、改めて『へでもねーよ』を聴いてみて下さい!

きっと風くんの人生哲学に存分に触れることが出来るはずです。

 

『へでもねーよ』収録作品の購入はこちらから!

 

その他の藤井風おすすめ楽曲

 

藤井風(Fujii Kaze)『きらり』歌詞【意味&魅力】|軽快で心地よいHonda『VEZEL』CMソング
藤井風(Fujii Kaze)『きらり』歌詞【意味&魅力】|軽快で心地よいHonda『VEZEL』CMソング藤井風(Fujii Kaze)『きらり』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は、Honda『VEZEL』のCMソングとして書き下ろされた楽曲。ぜひ歌詞の意味にも注目しながら『きらり』を聴いてみて下さい!心地よいメロディの裏に、人生哲学が詰まった深い深い歌詞が描かれています。...
藤井風(Fujii Kaze)『帰ろう』歌詞解説【意味&魅力】|『死』をテーマに描かれた優しい一曲
藤井風(Fujii Kaze)『帰ろう』歌詞【意味&魅力】|『死』をテーマに描かれた優しい一曲藤井風(Fujii Kaze)『帰ろう』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』のラストを飾る一曲。優しい曲調でありながら、スケールの壮大な楽曲になっています。頭の中では理解できている真実の世界と、それと相反する人間臭い世界。その二つの世界が『死』というテーマを通じて美しく描かれていました。...
藤井風(Fujii Kaze)『青春病』歌詞【意味考察】|過去を手放し今を生きるということ
藤井風『青春病』歌詞【意味&考察】|過去を手放し今を生きるということ(Fujii Kaze)藤井風(Fujii Kaze)『青春病』の歌詞とその意味&魅力について解説します。人によって曲名の読み方が『せいしゅんびょう』だったり『せいしゅんシック』だったりしますが、どちらも正解の読み方だそうです。ぜひ歌詞の意味にも注目しながら『青春病』を聴いてみて下さい!作詞作曲を手掛けた風くんが20代前半だということに驚きが隠せません。...
藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』歌詞【意味&解説】|本当に自分自身が求めているものは何?
藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』歌詞【意味&解釈】|本当に自分自身が求めているものは何なん?藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は、配信限定1stシングルとしてリリースされた藤井風の初となるシングル曲。『何なんw』という曲名からも分かるように、藤井風らしさ全開の独特な世界観を持った楽曲です。ぜひ歌詞の意味を心に響かせながら、この曲『何なんw』を聴いてみて下さい!...
藤井風(Fujii Kaze)『燃えよ』歌詞【意味&考察】|ただの応援歌ではない人生哲学の詰まったラブソングだ
藤井風(Fujii Kaze)『燃えよ』歌詞【意味&考察】|ただの応援歌ではない人生哲学の詰まったラブソングだ藤井風(Fujii Kaze)『燃えよ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『燃えよ』を聴いてみて下さい!どんなに辛いことがあっても、この曲があればきっと乗り越えられるはずです。この曲は、ただの応援歌ではない。風くんの優しさと人生哲学が詰まった、唯一無二のラブソングだ。...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら30日間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間30日間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)