Vaundy

Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』歌詞【意味&魅力】|忘れられない怪獣のように無邪気な君の歌

Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』歌詞【意味&魅力】|忘れられない怪獣のように無邪気な君の歌

Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

デジタル配信7thシングル『怪獣の花唄』としてリリースされた楽曲

怪獣のように無邪気で大胆だった子供の頃

もう一度あの頃の気持ちを取り戻したい

大人になってしまった主人公の真っ直ぐな思いが、ノスタルジックに描かれた一曲です

 

Vaundy公式Twitterのツイートから。

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『怪獣の花唄』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

動画解説:『イエスタデイ』歌詞考察してみた

このブログの内容は下記の動画でも解説中!

Vaundy『怪獣の花唄』歌詞

楽曲情報

歌手:Vaundy
作詞:Vaundy
作曲:Vaundy
収録:7th配信シングル『怪獣の花唄』
発売日:2020年5月11日(月)

思い出すのは君の歌
会話よりも鮮明だ
どこに行ってしまったの
いつも探すんだよ

 

思い出すのは
君の歌
歌い笑う顔が鮮明だ
君に似合うんだよ
ずっと見ていたいよ

 

でも最後に見たいのは
きっともう君の夢の中
もう一度
また聞かせてくれよ
聞きたいんだ

 

もっと
騒げ怪獣の歌
まだ消えない
夢の歌唱えて
君がいつも
歌う怪獣の歌
まだ消えない
口ずさんでしまうよ

 

思い出すのは
君がいた
ギター持ってる
君がいた
忘れられないんだよ
だから僕が歌うよ

 

でも最後に見たいのは
きっともう君の夢の中
もう一度
また聞かせてくれよ
聞きたいんだ

 

もっと
騒げ怪獣の歌
まだ消えない
夢の歌唱えて
君がいつも
歌う怪獣の歌
まだ消えない
口ずさんでしまうよ

 

落ちてく過去は鮮明で
見せたい未来は繊細で
すぎてく日々には鈍感な君へ

 

ねぇ、もっと
騒げ怪獣の歌
まだ消えない
夢の歌唱えて
君がいつも
歌う怪獣の歌
まだ消えない
口ずさんでしまうよ

 

ねぇ、僕ら
眠れない夜に手を伸ばして
眠らない夜をまた伸ばして
眠くないまだね
そんな日々でいたいのにな
懲りずに
眠れない夜に手を伸ばして
眠らない夜をまた伸ばして
眠くないまだね
そんな夜に歌う
怪獣の歌

 

『怪獣の花唄』歌詞の意味&魅力

この曲『怪獣の花唄』は、過去の自分と今の自分を対比して描かれてた一曲になります

大人になり子供の頃の無邪気さを忘れてしまった主人公。

いつの間にか自分らしさを失ってしまっていたことに気づいた主人公

そんな自分に自問自答し、怪獣のような大胆さや素直な心を取り戻していく物語のように感じられます

どこまでもノスタルジックで疾走感溢れる楽曲です

公式MVの紹介

こちらがYouTubeで公開されている『怪獣の花唄』公式MV。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

思い出すのは君の歌
会話よりも鮮明だ
どこに行ってしまったの
いつも探すんだよ

思い出すのは
君の歌
歌い笑う顔が鮮明だ
君に似合うんだよ
ずっと見ていたいよ

大人になった主人公が今でも忘れられないモノ、それは昔の友人が歌う歌

彼との会話よりも鮮明に残っているその歌。

彼が歌う歌“が指し示すもの、それは大きな夢を抱き真っ直ぐに突き進む子供のような無邪気な姿

どんなときも自分らしく笑顔で夢を語るその姿は、今の主人公が忘れかけてしまっているものなのです

 

続く1番Bメロ部分の歌詞。

でも最後に見たいのは
きっともう君の夢の中
もう一度
また聞かせてくれよ
聞きたいんだ

今ある日常は、どこか腑抜けしたように退屈な毎日

忘れてしまった子供のような無邪気さ。

主人公は、そんな真っ直ぐな心を取り戻したいと思っているのです

昔の友人が歌う歌、それは今の自分が追い求める理想の姿そのものなのかもしれません

もう一度あの頃の情熱を取り戻したい

そんな強い願いが、”聞きたいんだ”という言葉から感じられます。

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

もっと
騒げ怪獣の歌
まだ消えない
夢の歌唱えて
君がいつも
歌う怪獣の歌
まだ消えない
口ずさんでしまうよ

もっと騒げ。

もっと熱くなれ。

怪獣“という言葉から連想されるのは、無邪気で大胆な心をもった子供のような姿

つまり”怪獣の歌“とは、まさに昔の友人が歌う歌を表した言葉になります

そしてそれは、未来への希望をメロディに乗せた”夢の歌”でもあるのです

熱く大きな夢を抱き生きていきたい。

そんな希望を心のどこかで持ち続けているからこそ、ふとした瞬間に昔の友人が歌う歌を思い出してしまいます

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大阪ありがとう #vaundy #藤井風

Vaundy_ART Work Studio(@vaundy_engawa)がシェアした投稿 –

 

2番:歌詞の意味

まずは2番Aメロの歌詞から。

思い出すのは
君がいた
ギター持ってる
君がいた
忘れられないんだよ
だから僕が歌うよ

大人になった主人公が今でも忘れられないモノ、それは昔の友人がギターを奏でて歌う歌

真っ直ぐに夢を語る”君”の姿は、いつまでも眩しく輝いている

自分もそう在りたい。

いつまでもその思いは、色褪せることなく心のどこかに潜んでいるから、次は僕が”怪獣の歌”を歌う

強く決意するのです

 

そして2番Bメロの歌詞。

でも最後に見たいのは
きっともう君の夢の中
もう一度
また聞かせてくれよ
聞きたいんだ

僕はこれから”怪獣の歌”を歌っていくけれど、やっぱり”君”が歌う歌をまた聞きたい

それはその歌が、自分自身の心を奮い立たせてくれるからなのかもしれません

子供の頃の無邪気さを思い出させてくれるのは、いつも君の歌だったから

もう一度だけでいいから聞かせてほしい

そんな強い願いが込められていそうです。

 

2番サビは1番サビの歌詞と同様になります。

 

続くCメロの歌詞。

落ちてく過去は鮮明で
見せたい未来は繊細で
すぎてく日々には鈍感な君へ

主人公の心の中でいつまでも輝く君の歌。

無邪気に歌うその大きな夢は、とても繊細で鮮やかに映っている

過ぎていく日々に鈍感であるというのは、時の流れの早さを表した言葉のようです

どれだけ明確な夢があっても過去ばかりを振り返っていては、気づけばつまらない大人になってしまうのかもしれません

主人公が、今ある自分の姿を皮肉って表現した言葉のようにも聞こえます

 

最後は大サビの歌詞で終わります。

ねぇ、僕ら
眠れない夜に手を伸ばして
眠らない夜をまた伸ばして
眠くないまだね
そんな日々でいたいのにな
懲りずに
眠れない夜に手を伸ばして
眠らない夜をまた伸ばして
眠くないまだね
そんな夜に歌う
怪獣の歌

眠れないほど何かに熱狂した日々。

大きな夢に心弾ませ眠くならないほど夢中になる毎日

子供の頃のように無邪気に生きていきたい主人公の姿が描かれています

そう願って何度も思い出すのは”君”の歌。

忘れられないその姿を思い出して眠れない夜に、主人公は怪獣の歌を口ずさむのです

あの頃の情熱を取り戻すために

 

 

ぜひ歌詞の意味を心に響かせながら、この曲『怪獣の花唄』を聴いてみてください!

忘れかけていた子供の頃の情熱を、取り戻すきっかけになるかもしれません

 

『怪獣の花唄』収録作はこちら!

 

その他Vaundyおすすめ楽曲

 

Vaundy(バウンディ)『不可幸力』歌詞【意味&魅力】|Spotify Premium『Spotify Town 編』CMソング
Vaundy(バウンディ)『不可幸力』歌詞【意味&魅力】|Spotify Premium『Spotify Town 編』CMソングVaundy(バウンディ)『不可幸力』の歌詞とその意味&魅力について解説します。世の中に感じる閉鎖感や生きづらさと、そんな世の中だからこそ見えてくる"幸せ"が描かれます。Spotify Premium『Spotify Town 編』テレビCMソングとして起用されました。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『不可幸力』を聴いてみてください!...
Vaundy(バウンディ)『灯火』歌詞【意味&魅力】|FODドラマ『東京ラブストーリー』主題歌
Vaundy(バウンディ)『灯火』歌詞【意味&魅力】|FODドラマ『東京ラブストーリー』主題歌Vaundy(バウンディ)『灯火』の歌詞とその意味&魅力について解説します。何気ない日常に隠れた幸せや感動。そして儚くも美しい人間らしさが歌われた一曲。FODドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌としても起用されました。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『灯火』を聴いてみてください!新たな発見があるかもしれません。...
Vaundy(バウンディ)『Bye by me』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『捨ててよ、安達さん。』オープニングテーマ
Vaundy(バウンディ)『Bye by me』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『捨ててよ、安達さん。』オープニングテーマVaundy(バウンディ)『Bye by me』の歌詞とその意味&魅力について解説します。"安心して手放してもいいんだよ"というメッセージが込められた、切なくも温かい一曲。テレビ東京ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』のオープニングテーマとしても起用されました。ぜひ歌詞の意味を楽しみながら『Bye by me』を聴いてみてください!...
Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』歌詞【意味&魅力】|一方的な性愛とやり場のない心の葛藤
Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』歌詞【意味&魅力】|一方的な性愛とやり場のない心の葛藤Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。Vaundyの名を大きく世に知らしめた代表曲。行き場のない心の葛藤が、中毒性のあるメロディに乗せられてどこまでも続いていきます。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら『東京フラッシュ』を聴いてみてください!悲しい別れを描いた一曲。...
Vaundy(バウンディ)『life hack』歌詞【意味&魅力】|青春真っ只中の甘酸っぱい恋愛ソング
Vaundy(バウンディ)『life hack』歌詞【意味&魅力】|青春真っ只中の甘酸っぱい恋愛ソングVaundy(バウンディ)『life hack』の歌詞とその意味&魅力について解説します。メロウな雰囲気を感じさせる、温かくて優しい恋愛ソング。青春真っ只中のありのままの姿が甘酸っぱい一曲です。歌詞の意味を味わいながら『life hack』の世界観を楽しんでみてください!いつの日かの青春が思い出されるような楽曲となっています。...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら30日間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間30日間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)