Vaundy

Vaundy(バウンディ)『灯火』歌詞【意味&魅力】|FODドラマ『東京ラブストーリー』主題歌

Vaundy(バウンディ)『灯火』歌詞【意味&魅力】|FODドラマ『東京ラブストーリー』主題歌

Vaundy(バウンディ)『灯火』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

デジタル配信6thシングル『灯火』としてリリースされた楽曲

この曲は、FODドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌としても起用されました

何気ない日常に隠れた幸せや感動

そして、儚くも美しい人間らしさが歌われた一曲

 

Vaundy公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vaundy_ART Work Studio(@vaundy_engawa)がシェアした投稿

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『灯火』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

Vaundy『灯火』歌詞

楽曲情報

歌手:Vaundy
作詞:Vaundy
作曲:Vaundy
収録:6th配信シングル『灯火』
発売日:2020年4月27日(月)

単調な足音に
メロディーを乗せたら
感情が淘汰してく
自尊心と僕の悲哀を

 

見えない見えないものを
見えてる見えてる「本当」に
見えない見えない本当を
見えてる見えてる感動に

 

探した僕の運命と
揺るぎない世界の歌
そんな場所に僕たちは
いつまでも生きている
交わした天の約束を
裏切られたとしても
そんなことに僕たちは
気づかずに生きていくだけ

 

完璧な理想郷など
僕らにはあり得はしないから

 

見えない見えないものを
見えてる見えてる「本当」に
見えない見えない本当を
見えてる見えてる感動に

 

探した僕の運命と
揺るぎない世界の歌
そんな場所に僕たちは
いつまでも生きている
交わした天の約束を
裏切られたとしても
そんなことに僕たちは
気づかずに生きていくだけ

 

揺るぎないね僕たちは
何度も声を上げて
ありもしない滑走路
羽を広げ走る
揺るぎはしないよ僕たちは
何度も声を上げて
何度も声を上げて
何度も声を上げて

 

ねぇ
どうしよう
どこへ行こうか
僕が今惨憺と声に出して
また見えない
地図を僕は必死に探して歩いている
けどまだ
どうしよう
ここにいようか
いつかまた目が見え始めるまで
まだ見えない
未来を僕ら
灯火で照らしていくから

 

『灯火』歌詞の意味&魅力

この曲『灯火』は、日常の中に隠された何気ない幸せや未来への希望を歌った楽曲になります

落ち込んだときや苦しいとき、真っ暗闇の中にいるように感じるかもしれない。

それでも感覚を研ぎ澄ませると近づいてくる美しい景色や音

きっと未来には、もっと鮮やかな世界が待っている

僕たちが生きる世界はまだまだ捨てたものじゃないんだと、目の前の道に光を灯してくれるような一曲です

 

公式音源の紹介

こちらがYouTubeで公開されている『灯火』公式音源。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

 

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

単調な足音に
メロディーを乗せたら
感情が淘汰してく
自尊心と僕の悲哀を

ここでは、自分の中の感覚を研ぎ澄ましていく主人公の姿が描かれます。

単調な足音“とは、”自分が生きる単調な人生”とも置き換えることができる言葉

単調な音にメロディーを載せると美しい音楽が完成するように、味気ない日常の中にもちょっとした工夫を加えると、美しい景色や音に出会えるのかもしれません

淘汰“というのは研ぎ澄ますという意味の言葉

感覚や感情を研ぎ澄ませると、今まで見えていなかった世界が見えてくるようになります

自分を苦しめていた表面的な自尊心や悲観的な感情

それらが少しずつ浄化されていくのです

 

続くBメロ部分の歌詞。

見えない見えないものを
見えてる見えてる「本当」に
見えない見えない本当を
見えてる見えてる感動に

じっと感覚を研ぎ澄ます主人公の周りに、少しずつ変化が訪れます。

これまで見えていなかったものが徐々に見えてくる

そして目に見えるその「モノ」が、次第に「感動」へと変わっていくのです

それは何気ない日常の中に隠れているのです。

当たり前のように朝日が昇り1日が始まること

夜空に光無数の星たち

毎日通る道端に咲く色鮮やかな花

真っ暗だと思っていたこの世界は、意外にも色とりどりの感動で彩られている

その感動が、次第に「希望」へと変わっていきます

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

探した僕の運命と
揺るぎない世界の歌
そんな場所に僕たちは
いつまでも生きている
交わした天の約束を
裏切られたとしても
そんなことに僕たちは
気づかずに生きていくだけ

これから歩む自分の未来。

何のために生きるのか?

明るい未来は待っているのか?

そんなことにどれだけ頭を悩ましても、世界は何事もなく周り続けます

それはいつまでも変わらぬ事実であり、人はそんな世界で生きているのです。

だからちっぽけなことは気にしなくてもいい

細かなことを心配する必要もない

ただ僕たちにできること、それは深く考えずに今を楽しんで生きること

一見投げやりなようにも見える歌詞ですが、そこにはどこまでも前向きで力強いメッセージが込められています

 

 

2番:歌詞の意味

まずは2番Aメロ部分。

完璧な理想郷など
僕らにはあり得はしないから

完璧な理想郷“という言葉、それは頭の中で思い描いただけの未来予想図のこと

どれだけ未来に思いを馳せたとしても、それが全てうまくいくとは限らないのです

上手くいかないことが当たり前だから

壁にぶつかることが当たり前だから。

そんなに深く思い詰める必要はないのかもしれません

 

続く2番Bメロとサビ部分の歌詞は1番と同様。

 

そしてラスサビ前のフレーズが続きます。

揺るぎないね僕たちは
何度も声を上げて
ありもしない滑走路
羽を広げ走る
揺るぎはしないよ僕たちは
何度も声を上げて
何度も声を上げて
何度も声を上げて

完璧な未来など訪れないことは誰もが理解しているはずなのに、それでも未来への希望を捨て切ることができません

どこまでも理想の自分を追い求めてしまう。

正解の道などないのに、人は大きな夢を掲げてその道を探し続けます

しかし、それがまさに人間らしさというものなのかもしれません

そんなガムシャラな人間模様からは、美しささえ感じられるのです

 

そしてラスサビの歌詞がこちら。

ねぇ
どうしよう
どこへ行こうか
僕が今惨憺と声に出して
また見えない
地図を僕は必死に探して歩いている
けどまだ
どうしよう
ここにいようか
いつかまた目が見え始めるまで
まだ見えない
未来を僕ら
灯火で照らしていくから

どうしよう。

これからどこへ向かって行こう。

惨憺(さんたん)と“というのは、
苦しみに嘆いたりもがいたりする様子がイメージされる言葉

絶好調とは言えない今、必死によりよい未来を探し続ける主人公がいます。

これまでの歌詞に描かれてきたように、深く考えすぎずに今を楽しむもよし、人間らしく迷い続けるのもよし

そこに答えはありません。

ただ一つ言えるのは、僕たち人間が生きる世界は何1つ変化していないということ

どんなに苦しいときも、日常に隠れた美しい光景はいつも変わらず側にあるのです

今日も人間は前を向いて、自分らしい灯火を揺らしながら進んでいきます

 

 

人間らしさに隠れた儚さと美しさ。

どこまでも愛おしいこの世界の歌。

 

ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら、この曲『灯火』を聴いてみてください!

何気ない日常に隠れた美しさや感謝に気づかせてくれるかもしれません

 

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら3ヶ月間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間最長で4ヶ月間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)

 

 

『灯火』収録1stアルバム紹介

 

その他Vaundyおすすめ楽曲

 

Vaundy(バウンディ)『不可幸力』歌詞【意味&魅力】|Spotify Premium『Spotify Town 編』CMソング
Vaundy(バウンディ)『不可幸力』歌詞【意味&魅力】|Spotify Premium『Spotify Town 編』CMソングVaundy(バウンディ)『不可幸力』の歌詞とその意味&魅力について解説します。世の中に感じる閉鎖感や生きづらさと、そんな世の中だからこそ見えてくる"幸せ"が描かれます。Spotify Premium『Spotify Town 編』テレビCMソングとして起用されました。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『不可幸力』を聴いてみてください!...
Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』歌詞【意味&魅力】|一方的な性愛とやり場のない心の葛藤
Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』歌詞【意味&魅力】|一方的な性愛とやり場のない心の葛藤Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。Vaundyの名を大きく世に知らしめた代表曲。行き場のない心の葛藤が、中毒性のあるメロディに乗せられてどこまでも続いていきます。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら『東京フラッシュ』を聴いてみてください!悲しい別れを描いた一曲。...
Vaundy(バウンディ)『Bye by me』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『捨ててよ、安達さん。』オープニングテーマ
Vaundy(バウンディ)『Bye by me』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『捨ててよ、安達さん。』オープニングテーマVaundy(バウンディ)『Bye by me』の歌詞とその意味&魅力について解説します。"安心して手放してもいいんだよ"というメッセージが込められた、切なくも温かい一曲。テレビ東京ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』のオープニングテーマとしても起用されました。ぜひ歌詞の意味を楽しみながら『Bye by me』を聴いてみてください!...
Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』歌詞【意味&魅力】|忘れられない怪獣のように無邪気な君の歌
Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』歌詞【意味&魅力】|忘れられない怪獣のように無邪気な君の歌Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』の歌詞とその意味&魅力について解説します。いつの間にか自分らしさを失っていた主人公。怪獣のように無邪気だった子供の頃の気持ちを取り戻したい。歌詞の意味を心に響かせながら『怪獣の花唄』を聴いてみてください!忘れかけていた子供の頃の情熱を、取り戻すきっかけになるかもしれません。...
Vaundy(バウンディ)『life hack』歌詞【意味&魅力】|青春真っ只中の甘酸っぱい恋愛ソング
Vaundy(バウンディ)『life hack』歌詞【意味&魅力】|青春真っ只中の甘酸っぱい恋愛ソングVaundy(バウンディ)『life hack』の歌詞とその意味&魅力について解説します。メロウな雰囲気を感じさせる、温かくて優しい恋愛ソング。青春真っ只中のありのままの姿が甘酸っぱい一曲です。歌詞の意味を味わいながら『life hack』の世界観を楽しんでみてください!いつの日かの青春が思い出されるような楽曲となっています。...