Vaundy

Vaundy(バウンディ)『僕は今日も』歌詞【意味&魅力】|Vaundy自身が主人公として描かれた一曲

Vaundy(バウンディ)『僕は今日も』歌詞【意味&魅力】|Vaundy自身が主人公として描かれた一曲

Vaundy(バウンディ)『僕は今日も』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

デジタル配信3rdシングル『僕は今日も』としてリリースされた楽曲

人が心の奥に抱える暗い一面を描いたバラード作品です

すべてが事実ではないが、かなりパーソナルな楽曲であるとVaundy自身も語っています

 

Vaundy公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

僕は今日も / Vaundy 皆さん見てください youtu.be/LKyx3EYVlkA

Vaundy_ART Work Studio(@vaundy_engawa)がシェアした投稿 –

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『僕は今日も』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

Vaundy『僕は今日も』歌詞

楽曲情報

歌手:Vaundy
作詞:Vaundy
作曲:Vaundy
収録:3rd配信シングル『僕は今日も』
発売日:2020年2月7日(金)

母さんが言ってたんだ
お前は才能があるから
「芸術家にでもなりな」と
また根拠の無い夢を語る

 

父さんが言ってたんだ
お前は親不孝だから
1人で生きていきなさい
また意味もわからず罵倒する

 

1人ではないと暗示をして
2人ではないとそう聞こえて
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうする他にすべはなくて
愉快な日々だと暗示をして
不協和音が 聞こえてきた
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持ちを

 

弾き語るよ

 

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

 

彼女が言ってたんだ
あなたはカッコイイから
イケメンじゃなくてもいいんだよ
また 元も子も無い言葉を君は言う

 

僕はできる子と暗示をして
心が折れる音が聞こえた
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうする他にすべはなくて
明日は晴れると暗示をして
次の日は傘を持って行った
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持を
弾き語るよ

 

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

 

ピアノの音が聞こえる
ガラガラの声が聞こえる
枯れてく僕らの音楽に
飴をやって もう少しと
その気持ちを

 

弾き語るよ

 

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ
もしも僕らに才能がなくて
もしも僕らが親孝行して
もしも僕らがイケていたら
ずっとそんなことを思ってさ
弾き語るよ

 

『僕は今日も』歌詞の意味&魅力

この曲『僕は今日も』は、Vaundy自身が主人公として描かれた一曲

壮大なメロディとエモーショナルな歌詞が相まって、心をぎゅっと掴まれるような楽曲に仕上がっています。

様々な所から無責任に投げかけられる言葉で創られた自分という存在

何が正解でどこを目指していけばいいのか、次第に本当の自分が分からなくなり、そこに孤独感が生まれてくるのです

僕(Vaundy)は今日も、心の中に葛藤を抱えながら今ある素直な気持ちを弾き語ります

公式MVの紹介

こちらがYouTubeで公開されている『僕は今日も』公式MV。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

母さんが言ってたんだ
お前は才能があるから
「芸術家にでもなりな」と
また根拠の無い夢を語る

父さんが言ってたんだ
お前は親不孝だから
1人で生きていきなさい
また意味もわからず罵倒する

このパートでは両親に対する不満や不信感が描かれます

子を大切に思う母。

主人公の才能に可能性を感じた母が、親切さのつもりで伝えた「芸術家にでもなりな」という言葉

根拠のないその言葉がかえって重荷になってしまうのです

それでも母が言うとおり、芸術家への道を歩み始める主人公

すると、そんな姿を見た父が「親不孝だ」と言うのです。

成功するかも分からない芸術家という不安定な世界へは進んで欲しくないのでしょう。

相反する言葉を投げかける両親に対して不満が募っていくのと同時に、自分自身の心が少しずつかき乱されていきます

 

続くBメロ部分の歌詞。

1人ではないと暗示をして
2人ではないとそう聞こえて
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうする他にすべはなくて
愉快な日々だと暗示をして
不協和音が 聞こえてきた
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持ちを

弾き語るよ

誰の言葉を信じればいいのか分からない。

どこに向かうのが正解なのか分からない

そんな葛藤が少しずつ、1人ぼっちであるかのような孤独感を生み出します

その孤独感に抗うように1人じゃないと暗示をかける毎日

ただそれは、その場しのぎの抵抗に過ぎないのです

すぐにまた孤独感が襲いかかってきます。

次第にその暗示さえもが不協和音のように感じられ、心の奥底まで蝕んでいくのです

抑え込むだけでは癒えぬ苦しみを、やがて主人公は歌にして弾き語るようになります

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

この世に生まれてきてから、誰しもの時間が同じように進んでいきます。

これから先、自分は立派な大人になっているかもしれないし、もしかしたらもうこの世にいないかもしれない

どんな未来が訪れようと、今ここで歌を歌っていられれば良い。

そして僕がいなくなったとしても、未来に僕の歌が残っていてくれればそれで良い

主人公にとって”歌”は人生そのものであり、手放すことのできない大切な宝物なのです

それはいつか自分が生きた証にもなるから

今感じる喜びや悲しみを、ありのままに歌い続けます

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vaundy_ART Work Studio(@vaundy_engawa)がシェアした投稿

 

2番:歌詞の意味

まずは2番Aメロの歌詞から。

彼女が言ってたんだ
あなたはカッコイイから
イケメンじゃなくてもいいんだよ
また 元も子も無い言葉を君は言う

この部分は、主人公の自信のなさや繊細な心が表現されたパートのようです

1番Aメロ部分と同様、彼女が親切さのつもりで伝えた「イケメンじゃなくてもいいんだよ」という言葉が主人公の心をかき乱します。

それは十分カッコイイから今のままでいいんだという意味だったようですが、主人公はその言葉の意味をあれこれ詮索してしまうのかもしれません

 

続く2番Bメロの歌詞。

僕はできる子と暗示をして
心が折れる音が聞こえた
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうする他にすべはなくて
明日は晴れると暗示をして
次の日は傘を持って行った
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持を
弾き語るよ

様々な言葉に惑わされる主人公。

とにかく自分はできる子だと、暗示をかけることでなんとか精神状態を保っているよう

そんな日々の中で自分の心が折れていくのが分かるのです

ただそれ以外の方法が見つからない。

“明日は晴れる”と暗示をして、”次の日は傘を持っていく”という表現

これは暗示をしても思い通りの結果になっていないことを表しています

辛い。ただただ辛い。

主人公はそのやり場のない気持ちを弾き語ることによって吐き出し、どうにか苦しみから解放されようともがくのです

 

2番サビは1番サビの歌詞と同様。

このあとCメロの歌詞が続きます。

ピアノの音が聞こえる
ガラガラの声が聞こえる
枯れてく僕らの音楽に
飴をやって もう少しと
その気持ちを

弾き語るよ

主人公は次第に、弾き語ることにすら苦しみを感じ始めているようです

聞こえてくるピアノの音に乗せられるのはガラガラになった声。

“枯れていく”という言葉からは、生命力や力強さが感じられない様子が想像できます

自分に発破をかけてなんとか歌い続けているのでしょう

そしてそんな状況にある自分の気持ちをも歌にして弾き語るのです

 

最後はラスサビの歌詞で終わります。

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ
もしも僕らに才能がなくて
もしも僕らが親孝行して
もしも僕らがイケていたら
ずっとそんなことを思ってさ
弾き語るよ

前半は1,2番サビ部分の歌詞と同様。

後半部分では、これまで両親や彼女から浴びてきた言葉の真逆の状態が歌われています。

才能がなくて、親孝行をして、イケてる人間だったら、こんなに苦しみを感じずにいられたのではないか

こんなにも頭を悩ませることはなかったのではないか

そんなことを考えながら、今日も主人公(Vaundy)はその気持を弾き語るのです

 

 

ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら、この曲『僕は今日も』を聴いてみてください!

より深くVaundyを理解することができるかもしれません

 

『僕は今日も』を動画で解説

『僕は今日も』収録作品の購入はこちらから!

 

その他Vaundyおすすめ楽曲

 

Vaundy(バウンディ)『灯火』歌詞【意味&魅力】|FODドラマ『東京ラブストーリー』主題歌
Vaundy(バウンディ)『灯火』歌詞【意味&魅力】|FODドラマ『東京ラブストーリー』主題歌Vaundy(バウンディ)『灯火』の歌詞とその意味&魅力について解説します。何気ない日常に隠れた幸せや感動。そして儚くも美しい人間らしさが歌われた一曲。FODドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌としても起用されました。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『灯火』を聴いてみてください!新たな発見があるかもしれません。...
Vaundy(バウンディ)『不可幸力』歌詞【意味&魅力】|Spotify Premium『Spotify Town 編』CMソング
Vaundy(バウンディ)『不可幸力』歌詞【意味&魅力】|Spotify Premium『Spotify Town 編』CMソングVaundy(バウンディ)『不可幸力』の歌詞とその意味&魅力について解説します。世の中に感じる閉鎖感や生きづらさと、そんな世の中だからこそ見えてくる"幸せ"が描かれます。Spotify Premium『Spotify Town 編』テレビCMソングとして起用されました。歌詞の意味をじっくりと味わいながら『不可幸力』を聴いてみてください!...
Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』歌詞【意味&魅力】|一方的な性愛とやり場のない心の葛藤
Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』歌詞【意味&魅力】|一方的な性愛とやり場のない心の葛藤Vaundy(バウンディ)『東京フラッシュ』の歌詞とその意味&魅力について解説します。Vaundyの名を大きく世に知らしめた代表曲。行き場のない心の葛藤が、中毒性のあるメロディに乗せられてどこまでも続いていきます。ぜひ歌詞の意味をじっくりと味わいながら『東京フラッシュ』を聴いてみてください!悲しい別れを描いた一曲。...
Vaundy(バウンディ)『Bye by me』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『捨ててよ、安達さん。』オープニングテーマ
Vaundy(バウンディ)『Bye by me』歌詞【意味&魅力】|ドラマ『捨ててよ、安達さん。』オープニングテーマVaundy(バウンディ)『Bye by me』の歌詞とその意味&魅力について解説します。"安心して手放してもいいんだよ"というメッセージが込められた、切なくも温かい一曲。テレビ東京ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』のオープニングテーマとしても起用されました。ぜひ歌詞の意味を楽しみながら『Bye by me』を聴いてみてください!...
Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』歌詞【意味&魅力】|忘れられない怪獣のように無邪気な君の歌
Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』歌詞【意味&魅力】|忘れられない怪獣のように無邪気な君の歌Vaundy(バウンディ)『怪獣の花唄』の歌詞とその意味&魅力について解説します。いつの間にか自分らしさを失っていた主人公。怪獣のように無邪気だった子供の頃の気持ちを取り戻したい。歌詞の意味を心に響かせながら『怪獣の花唄』を聴いてみてください!忘れかけていた子供の頃の情熱を、取り戻すきっかけになるかもしれません。...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら3ヶ月間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間最長で4ヶ月間は無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)