Tani Yuuki

Tani Yuuki『W/X/Y』歌詞【意味&考察】ありのままの愛のカタチを歌った究極のラブソング

Tani Yuuki(タニ・ユウキ)『W/X/Y』の歌詞とその意味&魅力について解説していきます。

この曲は、5th配信シングル『W/X/Y』としてリリースされた楽曲。

歌詞には一体どんな意味が込められているのでしょうか

順を追って丁寧に紐解いていきたいと思います

 

Tani Yuuki公式Instagramの投稿から。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TaniYuuki(@u_yuuki_u)がシェアした投稿

 

後半ではこの楽曲の意味などについて詳しく書いているので、是非最後まで目を通してみてください!

 

それでは早速『W/X/Y』の歌詞紹介から書いていきます。

あくまで筆者自身が解釈したものになるので、一つの参考として受け取っていただけると幸いです。

 

動画解説:『W/X/Y』歌詞考察してみた

このブログの内容は下記の動画でも解説中!

Tani Yuuki『W/X/Y』歌詞

楽曲情報

歌手:Tani Yuuki
作詞:Tani Yuuki
作曲:Tani Yuuki
収録:5th配信シングル『W/X/Y』
発売日:2021年5月26日(水)

垂れ流したテレビの音
溜めてしまった洗濯物は今日こそ
晴れでもあえて外には出ないでいよう
映えないスナックとアルコールで乾杯をしよう

 

2人酸いも甘いも
噛み合わないとしても
お互い寄り添うように
少しずらしてみようよ
君がくれた太陽
月で隠れないよう
輝き弛まぬように歌うメロディ

 

戯れるSlowly flowing day
愛してるも通り越して
似た者同士こうして
年老いるまで笑っていたいね

 

君がいなきゃ lonely lonely day
夢の中 Fall asleep in bed
起こすから morning callで
I’ll protect you from nightmares, Baby

 

脱ぎっぱなしの足跡辿ると
不意をついて後ろから抱きつくの
つい、繰り返すと忘れてしまいそうになるよ
振り返ると日々が当たり前じゃないこと

 

2人対の細胞
絡み合う特別を
噛み締めて生きたいと思ったまどろみ抱く正午

 

吐息、漏れた体温
微塵も逃さないよう
頭の中刻む甘いメモリー

 

戯れる Slowly flowing day
愛してるも通り越して
違う者同士こうして
年老いるまで笑っていたいね

 

君がいなきゃ lonely lonely day
夢の中 Fall asleep in bed
起こすから morning callで
I’ll protect you from nightmares, Baby

 

重ねた手はね離さないでいて
ごめん、これそばに居たいだけだね
抱えた想いはお互い様でしょ
ほら、おあいこでしょ

 

すれ違い、間違いもあるし
筋書き通り行かない打診、悲しみだって
半分こにしよう
別れじゃない希望
独りよがりにならないように、いつも

 

君がいなきゃ今もどこかで
動けないままの僕で
ありがとうを伝えたいのです
これからは僕が支えてくって

 

呆れてしまうくらいにね
愛が増していく day by day
面と向かうとどうしても
素直になれないな、ごめんね

 

戯れるSlowly flowing day
愛してるも通り越して
似た者同士こうして
年老いるまで笑っていたいね

 

君がいなきゃ lonely lonely day
夢の中 Fall asleep in bed.
起こすから morning callで
I’ll protect you from nightmares, Baby

 

『W/X/Y』歌詞の意味&魅力

この曲『W//Y』は、男女のありのままの恋模様を描いたラブソング

タイトルの『W//Y』とは、女性を表す性染色体WXXX)と男性を表す性染色体XYを掛け合わせて作られた言葉であり、ダブリューエックスワイと読むそうです

Taniさんは影響を受けたアーティストとしてRADWIMPSを度々あげていますが、染色体というキーワードがRADWIMPSの名曲『25コ目の染色体』を彷彿とさせますよね。

この曲についてTaniさん本人は下記のようにコメントしています。

2人にしかわからない、2人しかしらない時間や空気をそっと包み込むようなハッピーエンドなラブソングが作りたくてこの曲を書きました。

時間が経ってから知らない面が出てきたなんてよく言いますが、そもそも生まれた家庭も、育った環境も、性別も全然違う人と一緒に生活をすることが、できてしまうことが不思議だなと思ったんです。でも

僕はまだ結婚したことはありませんが、きっと正反対なところがあるからこそ惹かれ合い、理解できることもあるんじゃないかと、そうであってほしいなと思います。

僕はこういうカップルは長続きする。みたいな謳い文句に流されがちでうまくいかないことが多いんですが、色んな生き方があるし、正解なんてあってないようなものですし

何が言いたいかというと、この曲を聴いてくれたあなたが愛する人と2人だけの正解を、幸せを作り上げてくれることを願っています。

https://www.youtube.com/watch?v=yf_WqapryiM

この曲をあえて短くまとめるならば、笑顔も涙も心の葛藤も、その全てが愛おしく思えるような究極のラブソングと言えそうです

公式MVの紹介

こちらがYouTubeで公開されている『W/X/Y』公式リリックビデオ。

 

ここからは歌詞解説をしていきます

1番:歌詞の意味

まずは冒頭Aメロ部分の歌詞から。

垂れ流したテレビの音
溜めてしまった洗濯物は今日こそ
晴れでもあえて外には出ないでいよう
映えないスナックとアルコールで乾杯をしよう

ここで歌われるのはカップルの何気ない日常の一コマ。

<垂れ流したテレビの音>や<溜めてしまった洗濯物>などの言葉からは、穏やかな休日の様子が目の前に浮かび上がってきますよね

あらい。
あらい。
リアリティのあるエモーショナルな情景描写がTaniさんの魅力なんです!

そして、外がどんなに晴れ渡っていようと”あえて”外には出ないと歌われますなぜなら家の中で2人きりの時間を過ごしたいから

それが叶うならば、それ以上に望むものはないのではないでしょうか

大好きなパートナー”さえ”側に居てくれれば、<映えないスナックとアルコールで>いつだって楽しむことが出来るということだと思います。そこに豪華な食事も華やかな演出も必要ないのです。

それは互いが互いにかけがえのない存在であることの証明であり、ここではそんな2人の幸せな日常の姿が描かれています

 

続く1番Bメロの歌詞。

2人酸いも甘いも
噛み合わないとしても
お互い寄り添うように
少しずらしてみようよ
君がくれた太陽
月で隠れないよう
輝き弛まぬように歌うメロディ

このパートで歌われるのは、幸せな時間を過ごす上で大切な、互いに寄り添い合う思いやりの気持ちについて

長い時間を共に過ごしていれば、どんなに惹かれ合う人同士でも時にはぶつかることもあります。

そうして2人の幸せの歯車が<噛み合わない>状態になれば、傷つくこともあるかもしれません

それは悲しく逃げたくなるような出来事かもしれませんが、この曲では、そんな時こそ2人で寄り添い合ってみようよと歌われるのです

ずれてしまった幸せの歯車も、少しずらしてみればまた周り始めるかもしれないよ?と優しく語りかけてくれています。

ここで登場する<太陽>という言葉は、”大切な人の笑顔”を表現したものであり、それを大切に思い合うことができていれば、幸せな時間はいつまでも続くはずなのだと教えてくれているのではないでしょうか

この曲を聴く全ての人たちが、今ある幸せ(輝き)を失わぬようにと、Taniさんがリスナーに向けて愛に溢れたメッセージを授けてくれているのです

 

そして1番サビの歌詞がこちら。

まずは前半部分の歌詞から。

戯れるSlowly flowing day
愛してるも通り越して
似た者同士こうして
年老いるまで笑っていたいね

<Slowly flowing day>を和訳すると、”ゆっくりと流れる日”という意味になります

穏やかな日常の中で2人だけの時間を満喫する様子が、ここでも描かれているようです。

続く<愛してるも通り越して>という言葉からは、2人の関係性が唯一無二の特別なものなのだということが、これでもかと言うほどに伝わってきますよね

それは、性格や価値観が似ているからこその関係性なのかもしれません。

幸せいっぱいの2人の姿が、リスナーの気持ちまで幸せにしてくれます

 

1番サビ後半部分の歌詞。

君がいなきゃ lonely lonely day
夢の中 Fall asleep in bed.
起こすから morning callで
I’ll protect you from nightmares, Baby

ここでは、<君>に対する溢れんばかりの愛の言葉が歌われます

君が側にいないと寂しくて仕方ないのだと。

もし君が悪夢にうなされていたら、僕が君を守るからと。

一度は言ってみたい言われてみたい胸キュンな言葉が、スマートにかっこよく歌いこなされているのです

 

2番:歌詞の意味

まずは2番Aメロの歌詞から。

脱ぎっぱなしの足跡辿ると
不意をついて後ろから抱きつくの
つい、繰り返すと忘れてしまいそうになるよ
振り返ると日々が当たり前じゃないこと

<脱ぎっぱなしの足跡>という言葉は、引き続き平和で穏やかな日常を連想させます。

何かに追われるような日々ではなく、2人だけの時間を自分たちのペースで楽しんでいる姿が浮かんできますよね

その後には<不意をついて後ろから抱きつく>という歌詞が続きますが、それは2人の関係性がとても良好だという証拠として捉えられそうですなぜならそれは気心知れた限られた人にしかできない行為であるから

あらい。
あらい。
個人的に大好きな歌詞です!

しかし、そんな幸せな日常が続くと、そのありがたさを<忘れてしまいそうになる>のだと歌われます。

大切な人がいつも側にいることや、穏やかな毎日を生きられることは、決して当たり前のことではありません

今ここに2人が居ることだけでも、奇跡のようなものなのです。

毎日の何気ない瞬間の大切さと、その日々への感謝の気持ちを忘れないことが幸せの秘訣なのではないでしょうか

そんな事実に改めて気付かされるようなパートとなっています

 

続く2番Bメロの歌詞。

2人対の細胞
絡み合う特別を
噛み締めて生きたいと思ったまどろみ抱く正午

吐息、漏れた体温
微塵も逃さないよう
頭の中刻む甘いメモリー

ここで歌われる<対>とは、2つで一組になっているようなものを指す言葉。

そして<2人対の細胞>というのは、タイトルの由来でもあった”性染色体”のことを表しているのではないでしょうか

“XX”か”XY”というたった少しの違いで男女が決まるように、今ここに自分が居て目の前にあなたが居て、そして2人で手を取り合って生きているという事実は特別なことなのだということです

穏やかな日常を過ごしていると、ふとした瞬間に物思いにふけることがありますが、そんなときに主人公は、この奇跡のような現実を噛み締めて生きていきたいと改めて決意したのだと思います

少しの吐息や君から伝わる体温まで、そのどれもを<微塵も逃さないよう>という言葉からはその思いの強さが伝わってきますよね。

おそらくその一瞬一瞬の感覚や感情が、いつかかけがえのない大切な宝物になるのです

 

そして2番サビの歌詞がこちら。

まずは前半部分の歌詞から。

戯れる Slowly flowing day
愛してるも通り越して
違う者同士こうして
年老いるまで笑っていたいね

ここでは1番サビとほぼ同様の歌詞が歌われます。

変化したのは3行目の<違う者同士こうして>の部分。

1番では<似た者同士こうして>と歌われていました。

愛してる気持ちにも、唯一無二の特別な関係である事実にも何ら変わりはないのですが、それは2人の価値観が似ているからという理由だけではないことを意味します

似た者同士の中にも違いがあるからこそ、2人は惹かれ合っているのです

あらい。
あらい。
そこに尊敬の念や愛おしさが芽生えるのかもしれませんね。

 

2番サビ後半部分の歌詞は1番と同様になるので割愛します。

その後Cメロの歌詞が続きます。

まずは前半部分の歌詞。

重ねた手はね離さないでいて
ごめん、これそばに居たいだけだね
抱えた想いはお互い様でしょ
ほら、おあいこでしょ

このパートでは、思いが強すぎるがゆえの”すれ違い”が描かれているように思えます

繋いだ手を離さないでほしい。

ずっと側に居てほしい。

好きな人に対してそう思うのは必然のようにも感じますが、その気持がただの独りよがりになってはいけません

ここで歌われる<ごめん>のひと言からは、自分勝手になっていた自分に対する自責の念が感じられました

あらい。
あらい。
束縛に近いイメージかな…

しかし、おそらく同じ気持ちをお互いに抱えているのです。

互いに互いを離したくないという強い想いが、ちょっとしたすれ違いを生んでしまうのかもしれませんねこのパートからは、そんな複雑な心境が伝わってきました

 

Cメロ後半部分の歌詞。

すれ違い、間違いもあるし
筋書き通り行かない打診、悲しみだって
半分こにしよう
別れじゃない希望
独りよがりにならないように、いつも

冒頭部分の<すれ違い、間違いもあるし>とはその言葉通り、どんなに大切な人と過ごしていてもすれ違いや間違いはあるのだということ。

そして<筋書き通り行かない打診>というのは、Cメロ前半部分の<重ねた手はね離さないでいて>という歌詞を受けての言葉なのではないでしょうか

全てが自分の思い通りに進む訳ではない恋路のことを表した言葉なのだと思います

しかし、どんなに悲しいときも苦しときも、それを2人で分かち合って生きたいのだと歌われているのです。

すれ違いが起きたからといって別れようとするのではなく、共に手を取り合って壁を乗り越えていきたいという強い想いが伝わってきますよね

これから先何十年と幸せな人生を2人で歩むためには、独りよがりにならないことや、パートナーと気持ちを分かち合うことが大切なのだというメッセージのように感じられました

 

3番:歌詞の意味

落ちサビの歌詞が続きます。

君がいなきゃ今もどこかで
動けないままの僕で
ありがとうを伝えたいのです
これからは僕が支えてくって

呆れてしまうくらいにね
愛が増していく day by day
面と向かうとどうしても
素直になれないな、ごめんね

このパートで歌われるのは、君に対する溢れんばかりの愛の気持ち。

しかし、その思いはまだまだ心の内に秘められているのかもしれません

今の<僕>があるのは紛れもなく<君>のおかげであり、感謝してもしきれない程の「ありがとう」の気持ちと恩返しをしたい想いがあるものの、まだしっかりと<君>に伝えられていないのだと思います

日に日に愛は増しているのに、面と向かって思いを伝えようとすると中々その言葉が出てこないのでしょう。

穏やかな日常の中ではもちろんですが、ぶつかり合っている時こそ愛を言葉で伝えたいものですが、中々簡単にはいかないんですよね

あらい。
あらい。
分かるなあ…

続くラスサビの歌詞は1番サビと同様になるので割愛しますが、ラストは愛に溢れる言葉で締めくくられていきます。

とにかく楽曲全体を通して幸せをたっぷりと感じさせてくれる一曲でしたね

 

 

ぜひ歌詞の意味を踏まえた上で、改めてこの曲『W/X/Y』を聴いてみてください!

大切な人との穏やかな日常の中で聴きたい一曲です!

 

『W/X/Y』収録作品の購入はこちらから!

 

その他Tani Yuukiおすすめ曲

Tani Yuuki『Unreachable love song』歌詞【意味&考察】|諦めきれない君への未練を歌った失恋ソング
Tani Yuuki『Unreachable love song』歌詞【意味&考察】|諦めきれない君への未練を歌った失恋ソングTani Yuuki(タニ・ユウキ)『Unreachable love song』の歌詞とその意味&魅力について考察します。この曲は、別れた恋人への未練を歌ったラブソング。ぜひ歌詞の意味を踏まえた上で改めて『Unreachable love song』を聴いてみてください!切ない歌詞がより一層心の奥に響き渡るはずです。...
Tani Yuuki『Myra』歌詞【意味&考察】|切ない別れを描いた珠玉の失恋ソング
Tani Yuuki『Myra』歌詞【意味&考察】|実体験を元にして描かれた切ない失恋ソングTani Yuuki(タニ・ユウキ)『Myra』の歌詞とその意味&魅力について解説します。この曲は、切ない別れを描いた珠玉の失恋ソング。TikTok『じいちゃんとMyra』篇のCMソングとしても起用されました。ぜひ歌詞の意味を踏まえた上で、改めて『Myra』を聴いてみてください。皆さんのお気に入りの一曲にしていただけると嬉しいです。...

 

まずは無料で音楽聞き放題アプリに登録しよう!

今なら34ヶ月間無料体験が可能!
この機会にAmazon Music Unlimitedをお試ししてみよう!
Amazon Music Unlimitedamazon_music_unlimited
無料期間今なら4ヶ月間も無料!
料金一般:980円/月
プライム会員:780円/月
学生:480円/月
特徴①圧倒的な配信曲数
(約7000万曲)
特徴②バックグラウンド再生
特徴③オフライン再生機能
(インターネット不要)